FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
東洋眼虫
2019年01月26日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




ちょっと珍しい症例です。

1~2か月前から目やにが気になる・・・ということで来院されたワンちゃん。

確かに左眼に少し充血があり、目やにも多いようです。

「さて、どんなもんかな~」

と調べてみると・・・



20190125tah01.jpg



いました・・・「東洋眼虫」です。

イヌ、ネコ、キツネなどの眼の粘膜に寄生する寄生虫で、成虫はその寄生部位で産卵します。

虫卵は涙液や眼脂などに混入します。

虫卵はそのままでは発育することはできません。

一度、ハエなどの昆虫の体内に取り込まれなければ成長することができないのです。

ハエなどの昆虫が、虫卵に汚染された涙・眼脂を摂食すると、虫卵は消化管に取り込まれます。

ハエの体内で虫卵は発育し、約2週間後に感染能力を持った幼虫になります。

感染能力をもった幼虫は、中間宿主であるハエが再びイヌの涙や眼脂を摂食した際に再びイヌの目に感染し広がっていくのです。




20190125tah02.jpg
摘出した東洋眼虫



神奈川県以西で発生が見られる寄生虫で、九州の方では夏の風物詩になっている・・・なんて九州で開業している同級生から聞いたことがあります。

町田市近郊では目にする機会は少なく、動物病院を受診しても見逃されていることが多い病気です。

当院でも1~2年に1回遭遇するかどうかですね

勤務医時代に初めてこいつに遭遇した時は

「なんじゃこりゃ~???」

と大きなショックを受けました。

周りの先生も見たことがなくて、慌てて眼科の教科書を調べて正体が判明するという・・・

それ以来、東洋眼虫をみると、ちょっとワクワクします・・・



20190125tah03.jpg




私の「東洋眼虫」コレクションです。

開業して10年間でこれだけ集まりました。

ちなみに人間にも寄生します。

もちろん、ワンちゃんから直接感染するわけではありませんよ。

人間もハエが目にとまった時に感染します。

対策としては、ハエの多いところへ行かない。

ハエが顔の近くに来たら、なるべく速やかに追い払う。

といったところでしょうか。


目薬をさしてもなかなか良くならない充血や目ヤニのワンちゃん。

もしかしたら、コイツがいるかもしれませんよ・・・



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

迷子の猫ちゃん
2019年01月19日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

2019年1月24日追記
無事に見つかりました

迷子の猫ちゃんです。

木曽西5丁目付近のお宅から脱走してしまいました。

お心当たりがおありの方は、病院受付までご連絡いただけると幸いです。

谷口動物病院 042-711-7612

20190119tah01.jpg





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院

健康診断で見つかった僧帽弁閉鎖不全症の一例
2019年01月11日 (金) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院




昨年のわんにゃんドックで「心雑音」が見つかったワンちゃん。



9歳になったばかりの男の子です。



まだ明らかな症状はないようでしたが、日を改めて心臓の精密検査です。



ワンちゃんの心雑音の原因は、「僧帽弁閉鎖不全症」であることがほとんど。



心臓内で血流をコントロールする「僧帽弁」が劣化し、弁が「閉鎖不全」を起こす病気です。


弁が上手く働かなくなることで、心臓内の血流に不具合が生じ、「心拡大」や「循環不全」といった問題が出てきます。


病状を正確に把握するには超音波検査が欠かせません。



20190111tah01.jpg


「左室流入血流速波形」。


「僧帽弁閉鎖不全症」の重症度を評価するのに欠かせない検査です。


黄色〇で囲んだ部分の数値(1.31)が測定値。


正常値は1.0前後。僧帽弁閉鎖不全症が重症化するほどこの数値は高くなります。


1.31という数値はそこそこ悪い状態。


この数値が高い状態では、肺に負担がかかり、「肺水腫」という状態に陥りやすくなっていると考えられます。


改めて飼主様に確認すると、「そういえば、最近になって咳をすることが増えてきたかも・・・」


とのこと。これは怪しいですね。


20190111tah02.jpg


こちらは「心拡大」の程度を調べている画像です。


まるで囲った部分、1.87となっていますが、正常では1.0~1.6程度です。


この数値が大きいということは、「心拡大」が起きているという事。


これも「僧帽弁閉鎖不全症」の重症度を評価する一つの指標になります。


これらの計測値と、「最近咳が増えてきた」といいう飼主様のお話から、この症例は一見すると元気そうに見えましたが、治療を開始するべき状態と判断。


内服薬での治療を開始しました。
(僧帽弁閉鎖不全症の治療は内服薬での治療が中心になります)



治療開始後の検査値。


20190111tah03.jpg




20190111tah04.jpg



「左室流入血流速波形」も「心拡大」の指標も改善しているのがわかりますね。


飼主様のお話では、投薬を始めてから咳もでなくなり、散歩も以前よりも元気に行くようになったということでした。


おそらく、本人は息苦しさや運動時の疲れなどの症状を感じていたのでしょうね。


「僧帽弁閉鎖不全症」は命にかかわる疾患ですが、ほとんどの症例で明確に「心雑音」が聴取されるため、一般的な健康診断で早期発見が容易な疾患です。


高齢期の小型犬では、20~30%近くのワンちゃんが発症するとも言われています。


一見元気なように見えても、定期的な健康診断を受けていただくことが大切ですね。



町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院





年末年始で下痢してませんか?
2019年01月07日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



あけましておめでとうございます 



本年も、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理のお力になれるよう、スタッフ一同努力してまいりますので、よろしくお願いいたします!



さて、年末年始皆様どのようにお過ごしだったでしょうか?



年末年始に限らず、お出かけや来客が多い時期には、ワンちゃん・猫ちゃんは下痢をしやすくなります。


やはり、普段ないようなストレスにさらされたり、普段食べないような食べ物を食べたり・・・といったことがきっかけになることが多いようですね。




20190107tah01.jpg



下痢をした症例から採取したサンプル。


芽胞菌と呼ばれるタイプの細菌で、悪玉菌の一種。


この芽胞菌が異常増殖すると急性の胃腸炎をおこします。



ワンちゃんの下痢の原因としては一番多くみられますね。



芽胞菌自体は正常なワンちゃん・ネコちゃんのお腹にもともと存在するものなのですが、ストレスなどがきっかけで異常増殖を起こしてしまうことがあるようです。



イベントごとがあると、ついついいろんなものを食べさせしまったり、移動や環境の変化でストレスを与えがちですが、そういった際には下痢を起こしやすくなるのでご注意くださいね。


ちなみに、下痢をしたときの診察には「便」を持ってきていただくことが重要です。捨ててしまわずに病院にもってきてくださいね!
 


町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



来年もよろしくお願いいたします
2018年12月29日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



本日で2018年の診療も終了です。



これからもスタッフ一同、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理のお手伝いをできるように、今まで以上に努力を続けてまいります。

来年もよろしくお願いいたします



20181229tah01.jpg





町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院