町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
針生検
2018年02月09日 (金) | 編集 |
「皮膚にデキモノができたんですけど・・・」



腫瘍性疾患の中でも、皮膚腫瘍は発見が容易であり、日常診療でもよく目にする疾患です。



こういった時に、まず行う検査が「針生検」です。


注射針を使用して、デキモノ内部の細胞を採取し、顕微鏡で調べます。


針で細胞を少量取り出すだけなので、「確定診断」を得られるほどの検査ではありませんが・・・


そのデキモノが単なる炎症による腫れなのか? 

腫瘍の疑いがあるのか? 良性の可能性が高いのか? 悪性の疑いが高いのか?


ある程度の「傾向」をつかんで


様子を見てよいのか? 早めに切除して詳しい検査をした方がよいのか? 大まかな診療方針を立てるのに役立つ検査です。



採取した細胞が、炎症細胞が主体であれば「炎症によって腫れている」と推察されるので、まずは消炎剤や抗生剤の投与で様子を見ることができます。


一方、「腫瘍」の場合は、血液細胞や炎症細胞のほかに、「単一の細胞の異常増殖」が見られます。



20180209tah01.jpg
腫瘍細胞。単一の細胞が多数出現しています。



「腫瘍」というのは、細胞が異常を起こして、異常増殖する疾患です。


乳腺細胞が異常を起こして増殖すれば乳腺腫瘍/乳がんということになります。


白血球(血液細胞の一種)が異常増殖すれば「白血病」というわけです。


むかし「マトリックス」という映画がありましたね。あの映画のクライマックスで、敵役のエージェント・スミスがどんどんと分身を増やして増殖していくシーンがありましたが、腫瘍細胞はまさしくあんな感じです。



20180209tah02.jpg
異常増殖した腫瘍細胞。
色の濃い部分が「細胞核」。色の薄い部分が「細胞質」。
目玉焼きの「黄身」と「白身」の関係です。




腫瘍には「良性」と「悪性」があるわけですが・・・


おなじ異常増殖をするにしても、「悪性」の腫瘍細胞は「良性」の腫瘍細胞に比べて、細胞の増殖が無秩序になります。


20180209tah03.jpg




細胞の「核」の大きさにバラツキがでたり・・・



20180209tah04.jpg



一つの細胞の中に複数の「核」が存在していたり・・・



「良性腫瘍」はエージェント・スミスが異常増殖するものの、それぞれのクローンの見た目は整っており、皆そろって秩序をもって行動している感じ。


「悪性腫瘍」は異常増殖したエージェント・スミスが大暴走して、それぞれの見た目にも違いが出てしまい、無秩序に行動している感じ。


映画を見ていない方には通じないかもしれませんが、そんなイメージです。



そんなことを考えながら、採取された細胞を観察し、早急に手術を行うべきか診断していくのです。

町田市 谷口動物病院


口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)
2018年02月05日 (月) | 編集 |
先日、歯科処置を行ったワンちゃん。


20180203tah02_2018020314053731c.jpg


全体的に重度の歯石付着と、歯周病を患っております。


特に、両上顎の犬歯の状態が思わしくありません。




このように、犬歯の歯根部を洗浄すると・・・


20180203tah07.jpg
銀色の管が洗浄管。赤く出血しているように見えるのは、血液の混ざった洗浄液です。



洗浄液が鼻の穴から出てきます・・・



20180203tah06.jpg




これは、口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)という状態です。


犬歯歯根部の歯槽膿漏が進行し、歯根部周辺の骨組織が壊死し鼻の穴まで貫通してしまっているのです。



こちらは左上の犬歯の様子。


歯肉が壊死して欠損してしまっています。


20180203tah01.jpg



犬歯の歯根はとても太く、上顎骨奥まで深く入り込んでいるので、無理やり抜歯しようとすると、周辺の組織に大きなダメージを与える可能性があります。


そのため、歯肉を切開し、あらかじめ歯根を支える骨組織の一部を切削しておきます。


20180203tah03.jpg


あらかじめ骨を削り、力の逃げ場を作っておくことで、内側の重要な組織へのダメージを避けるためです。



20180203tah04.jpg



抜歯をした後の様子ですが・・・矢印で示した部分が「口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)」です。



犬歯歯根部に生じた重度の歯周病によって、鼻腔周辺の組織が壊死し、穴が開いてしまったのです。
この穴は鼻の穴につながっています。



壊死した組織は綺麗に洗浄してから縫合します。


といっても、歯肉組織が壊死してしまっているので、そのまま傷口を縫って塞ぐことはできません。


頬の内側の粘膜を移植するような形で傷口を塞がなければなりません。



20180203tah05.jpg


これでずいぶんとお口の中がすっきりとしたはずです。



町田市 谷口動物病院



本日のわんにゃんドック
2018年02月02日 (金) | 編集 |
予報通りの雪になってしまいましたね 

ですが、前回ほどではないので病院前の道路は交通量が多いので、雪は完全に溶けていますし、病院駐車場も雪かき万全です 

本日は通常通りの診療となっております 

さて、本日はわんにゃんドックのご紹介です。


MIX犬の陽向ちゃんです 



20180202tah01.jpg


素晴らしい笑顔ですね 



陽向ちゃんはもともとは保護犬で、今の飼主様のもとに引き取られたばかりです。


まだ一歳前後と若いワンちゃんですが、保護された当初はだいぶやせてしまって栄養状態も悪かったようですが、今はしっかりとご飯も食べて健康状態に大きな問題はありませんでした 



新しいご家族のもとで、元気に幸せに過ごせているようですね 



当院では、皆様の大切なご愛犬・ご愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」をお勧めしております!


町田市 谷口動物病院


野生と歯周病
2018年01月30日 (火) | 編集 |
20160920tah02.jpg



このブログでもよくとりあげていますが、ペットのワンちゃん・猫ちゃんの多くで問題となる歯周病。


2~3歳以上のワンちゃん・猫ちゃんの実に80%がすでに歯周病に罹患していると言われています。


重度の歯周病では、炎症によって歯周組織が壊死・破壊され、歯根周辺の骨が溶けてしまうこともあります。



20160920tah08.jpg
口腔鼻腔ろう。重度の歯周病によって、犬歯歯根部周辺の組織が壊死。鼻の穴まで貫通した状態。




歯周病の原因は、歯肉周辺に蓄積した歯垢内に増殖する細菌です。


人間もそうですが、食後に歯を磨いて食べかすを除去しなければ、口腔内には歯垢がどんどんと蓄積し、歯周病が進行していってしまうのです。


野生の肉食動物では、獲物を噛み殺し、毛皮を噛み裂き、スジや骨をしゃぶりつくして食事をします。


そのため、歯の表面が適度に擦られるため、歯垢の蓄積は最小限となり、歯周病に罹患することは少ないとされています。


ペットのワンちゃん・猫ちゃんでは、缶詰やドライフードが主な食事となりますが、いずれも粉状の食べかすや、ベタベタとした糊状の食べかすが発生しやすく、そのため歯周病が非常に多くなっているのです。



ところで、昨年秋に病院をお休みさせていただいたときに、家族で道志の山奥にキャンプにいったのですが、キャンプ場の近くの木工所につながれていたワンちゃん(大型の雑種犬)の傍には、「鹿の死体」が無造作に転がっており、ワンちゃんが一生懸命かじっていました。


猟師さんがとってきたおこぼれにあずかっているのでしょうか?


一見すると何とも残酷な感じも致しますが、ワンちゃんの本来の性質から考えれば、最高の食事ですね。
(注:寄生虫感染などの問題がありますので、ペットのワンちゃん・猫ちゃんに推奨するものではありません。)


きっと、あのワンちゃんは歯周病で悩まされることもないのでしょう。

町田市 谷口動物病院


胸水
2018年01月27日 (土) | 編集 |
胸水・・・腹水・・・



といった言葉を耳にされたことがおありでしょうか?



心不全、肝不全、腫瘍性疾患、炎症性疾患などなど・・・


様々な理由で胸腔内や腹腔内に液体貯留が起きます。


胸腔内に液体貯留が起きれば「胸水」。


腹腔内に液体貯留が起きれば「腹水」。



20170127tah01.jpg



写真は、あるワンちゃんの胸水。



胸「水」と呼びますが、その見かけは写真のようにまるで血液のように真っ赤であったり、黄色っぽい液体であったり、白く白濁した液体であったり・・・胸水(もしくは腹水)貯留の原因によって様々です。


一般的に炎症や腫瘍がかかわって発生する胸水(腹水)は写真のように血液のようにドロッとした液体が溜まることが多いです。


炎症や腫瘍が存在することで、血液細胞や炎症細胞が多く含まれているからです。



一方、心不全などの循環不全によって貯留した液体は、炎症性・腫瘍性の胸水(腹水)に比べて液体中の細胞成分が少ないため、やや黄色味を帯びた透明の液体であることが多いです。

町田市 谷口動物病院