町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
耳垢
2013年08月29日 (木) | 編集 |
「頭が急に傾いてしまう」



ということで、診察にいらっしゃったワンちゃん。




最近、突然に「右側」に頭が傾くことが何度かあったそうです。




「頭が傾く」症状というのは、平衡感覚に異常が出たときに良く見られるのですが・・・



その場合、脳の中枢に問題が起きている場合と、耳の奥にある平衡感覚をつかさどる部分(三半規管)に異常がある場合の、2通りが考えられます。



そこで、脳神経系のチェックと同時に、耳の奥の状態を観察する必要があるのですが・・・




20130829tah01.jpg
少しピンボケですが、中心部の白っぽい部分が「鼓膜」。



こちらは「左耳」の奥の状態。



特に異常はなく、鼓膜まで奇麗に見えています。



一方、こちらは「右耳」。



20130829tah02.jpg



耳の奥に汚れが詰まっていて、鼓膜が全く見えません。



さらには、この汚れからは真菌(カビ)も検出されました。



飼い主様にお話を伺うと、普段から汚れが気になるので、綿棒で耳掃除をしていたとのこと。



おそらく、綿棒で耳掃除をしているつもりで、かえって汚れを奥に押し込んでしまっていたようです。



汚れで鼓膜の状態が見えませんので、ハッキリとは言えませんが、おそらく、この汚れの奥では炎症が起きていると考えられます。



さらには、その炎症が耳の奥にある「三半規管」にも影響を及ぼし、平衡感覚に支障をきたしているのだと思われます。



これを治療するには、まずはこの塊になった耳垢を何とかしなければなりませんが・・・




綿棒でしっかりと押し固められた耳垢は、ちょっとやそっとの耳洗浄ではビクともしません。



仕方がないので、注射器の先端に特殊な器具を装着したものを耳の奥に挿入し、耳垢の塊に直接洗浄液を噴射して耳垢を溶解・洗浄することになりました。





幸い、症例はおとなしいワンちゃんなので麻酔の必要はありませんが、長時間の処置はワンちゃんにとってストレスが大きいので、短時間の処置を何度か繰り返すこととなりました。




耳掃除を嫌がるワンちゃんでは大変危険ですので、全身麻酔が必要になってしまいます。