町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
巨大食道
2013年06月29日 (土) | 編集 |
こちら、以前入院していたワンちゃんの食事風景。




20130629tah01.jpg



縦に体を起こした状態で、一口大のダンゴ状にした缶詰フードを少しずつ与えています。




なぜこんなことをしているかというと・・・




実は、このワンちゃんは、食道機能に異常があります。



「巨大食道」という病気です。



食道機能に異常をきたし、正常に水や食事を飲み込め病気で、原因は脳神経の異常や、ホルモン異常、先天性など様々です。



「飲み込み」が上手くいかなくなるということは・・・



普通に食事や飲水をしたときに、食べ物や液体が気管の方に入りやすくなってしまうということです。



これは、ちょっとむせるとかそういうレベルではなく、命にかかわる程の重篤な肺炎を起こします。




動物の食道と気管の位置関係はこのようになっています。


20130629tah02.jpg


気管が食道よりも地面側にあるため、食道が上手く機能しない場合に、食べ物や液体が気管に入りやすい構造になっているのです。




通常、ワンちゃんは4つ足で生活するため、食事をとる際にはさらに頭を下に下げることになり、ますます気管に食物が入りやすい状況になってしまいます。



それを防ぐために、初めの写真のように、体を縦に起こした状態で、飲み込みやすく一口サイズにした食事をゆっくり食べさせる必要があるのです。



さらに、食べ終わった後は、5~10分ほどこの体勢を維持することで、食べ物を確実に胃に収めます。



あまりすぐに歩かせたりしてしまうと、食道の途中に残った食事が、逆流してきて吐き出してしまう事があるからです。



そういった管理を怠らなければ、通常通りの生活を送ることも可能ですが、実際にはワンちゃんが自分自身の唾液を肺の中に吸い込んでしまって肺炎を起こすようなこともあり得るため、なかなか管理が難しいのが実情ではあります。




ところで、このワンちゃん・・・



実は、食道だけではなく、下半身にも問題をかかえています。



それについては次回に続く・・・