町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
ナイスアイディア!
2013年06月04日 (火) | 編集 |
ある急患のワンちゃんを診察した時のお話です・・・




早朝のお散歩中に、うっかりリードを放してしまって、どこかに逸走してしまったワンちゃん。




数分後、飼い主様が見つけたときには、全身に傷を負い、前脚は骨折という変わり果てた姿に。




傷の様子から、交通事故というよりは、どこかのワンちゃんの縄張りに入り込んでしまい、攻撃されてしまったようです。



咬み傷自体は、一部縫合が必要だったものの、それほど重症ではなかったのですが・・・




おそらくビックリして逃げるときに、どこかからか落ちたかしたのでしょう。腕を骨折していました。




その腕に、飼い主様が施した応急処置がこちら・・・





20130604tah01.jpg
包帯は病院で巻きなおしたもの




アルミホイルかなにかの紙の芯に切れ目をいれて、それを添え木にして包帯を巻いていらっしゃいました。




これはナイスアイディア!



下手に割りばしなどで添え木するよりも、簡単に固定できますし、全体から包み込むように骨折部を支えてくれますので、安定感抜群。



大型犬にはちょっと無理ですが、体重5kgくらいまでの小型犬には、非常に有効な手段です。




朝の出勤前にのお忙しい時間だったでしょうに、冷静で的確な判断をされた飼い主様に脱帽です!



この応急処置の方法は、早速当院でも取り入れさせていただこうと思います。