町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
マイクロチップ挿入後の登録について
2013年03月08日 (金) | 編集 |
つい最近、Facebookを始めました。



といっても、プライベートでは全く使用しておらず、あるFacebook上のグループに参加するのが目的です。



「VetNoteプロジェクト」という、800人以上の獣医師が集まるグループであります。



そこでは、様々な意見交換や情報交換、症例検討が日夜おこなわれているのですが・・・



そこで、気になる情報を目にしました。


マイクロチップのデータ登録についてです。



20130308tah.jpg



ご存知の方も多いかと思いますが、最近では、マイクロチップが動物の体内に装着され、迷子や地震等の災害時の個体識別に役立てられています。




ペットショップなどから購入したワンちゃん・ネコちゃんでは、初めからマイクロチップが挿入されていますね。



飼い主様は、装着したマイクロチップの番号と飼い主様のお名前、御住所、御連絡先などをデータ管理団体に登録します。


保健所や動物病院には専用のマイクロチップリーダーが配備されており、これで読み取ったデーターをデータ管理団体に照会することで、飼い主様を特定することができるのです。



このシステムが有効に働くためには、すべてのマイクロチップデータが、関係行政機関と連携することができる全国的かつ公的な団体によって管理されなければなりません。



その団体が、AIPO(動物ID普及推進会議)であり、AIPOは(財)日本動物愛護協会 (社)日本動物福祉協会 (社)日本愛玩動物協会 (社)日本獣医師会 の4団体から構成される公的な組織であります。



我々獣医師がマイクロチップをメーカーから購入すると、もれなくAIPOへの登録申請用紙が付属してきます。


マイクロチップの挿入は獣医師がおこないますので、すべてのマイクロチップのデータはAIPOに登録されるはずなのです。



ところが、一部の大手ペットショップグループで販売されたワンちゃん・ネコちゃんのマイクロチップデータが、「Fam」という、我々獣医師が聞いたこともないような団体に登録され、管理されているというのです。
(獣医師どころか、マイクロチップを卸している業者さんも全く知りませんでした)



試しに、インターネットで「Fam マイクロチップデータ管理」と検索してみても、全くその様な団体は見当たりません。




これはいったいどういうことなのか?



VetNoteプロジェクトに参加されている獣医師が、日本獣医師会に問い合わせたところ・・・



もともとはこのペットショップグループは日本獣医師会とマイクロチップ登録について契約をしており、2011年10月までは毎月登録申請が来ていたそうです。


ところが、それ以降、突然申請がストップし、問い合わせても「ちょっと立て込んでいるから」というような回答で、いまだに、その会社が自らその様な登録を行っていることについて、直接の説明がないそうです。



日本獣医師会でも、このような登録は「実効性がない登録であり、飼い主様に不利益が生じる」と判断し、環境省動物愛護管理室と連携し、対策を検討しているようですが・・・



登録について法規制をおこなうことは難しく、有効な手だてが打てていないのが現状のようです。





いくら法的に問題ないとはいえ、獣医師会やマイクロチップメーカーに全く知らされないまま登録管理団体が設立されているというのは、いったいどういうことなのでしょう?



さらには、日々多数のワンちゃん・ネコちゃんを販売する大手ペットショップグループが、大切なお客様のワンちゃん・ネコちゃんの個体識別に欠かせないデータを、その様な実効性の乏しい登録管理団体に登録するというのは、いったいどうしてなのでしょう?




マイクロチップのデータは、AIPOに登録されていなければ、保健所や動物病院で検索することができません。




当院でマイクロチップを挿入したワンちゃん・ネコちゃんは、間違いなくAIPOにデータ登録されていますが、ペットショップで購入された方は、一度書類を確認していただき、「AIPO(動物ID普及推進会議」」への登録がされているかどうか確認されることをお勧めいたします。