町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
ボルト
2013年01月31日 (木) | 編集 |
昨日、娘と二人で「ボルト」を見ていました。



ちょっと前の映画なのですが、ご存知でしょうか?



ディズニーのCGアニメーションで、日本では2009年夏に公開。



30000000002811_l.jpg
「ボルト」 ディズニー映画

あらすじ・・・

ボルトは、驚異のスーパーパワーで少女ペニーを守る使命を負ったスーパー・ドッグ。
人気TVドラマのヒーローであるボルトは、ドラマの世界を現実だと信じ込んでいる。
ある日、ドラマの中でさらわれてしまったペニーを助けようと、生まれて初めてスタジオの外に出たボルト。ノラ猫のミトンズやハムスターのライノに出会い、とうとう衝撃の真実を知る・・・。
(ウォルトディズニースタジオジャパン ホームページより)





外の世界を全く知らずに育ち、自分自身をスーパードックだと信じ切っている主人公「ボルト」が、外の世界で突拍子もないふるまいをしたり、パニックになったりする様子が面白おかしく描かれるのですが・・・




そのワンシーンで、外に飛び出たボルトが、「普通の犬」達とうまくコミュニケーションをとれない様子が描かれています。



あいさつ代わりにお尻の臭いを嗅がれて驚いたり、「遊ぼう」というポーズで遊びに誘われているのに、どう応えてよいか解らずに戸惑ったり。



こういったボルトの世間知らずな様子というのは、この映画の面白さの一つでもあるのですが・・・




そこには、「笑えないもう一つの現実」が隠されていたりするのです。





実は問題行動で困るワンちゃんの多くが、この「ボルト」と同じような境遇にあるのです。





一人暮らしや、共働きのご家庭に迎えられた仔犬ちゃん。




飼い主さんは、朝は8時には家を出て、帰宅は夜5時以降。



その間は、一人でサークルの中でお留守番。



飼い主様が帰ってきても、仕事で疲れていて、すぐお散歩というわけにはいかず。
「小型犬だし、お家の中で走り回っていれば、運動は足りてるよね・・・」




週末にたまに家に誰か来ても、限られた友人や家族のみ。




お家に来て数ヶ月たったところで、「そうだ、ドッグランにつれていこう!」ということになって、出かけてみたものの・・・




普段、一人で留守番するばかりのワンちゃんにとっては、自分の世界は「アパートのリビング」に「数人の限られた人間」という極めて限られた小さな世界。




そのワンちゃんが、いきなり大勢の人、そして普段、出会ったこともないような「犬」達に囲まれて、はたして正常にふるまえるでしょうか?




せっかくドッグランにいっても、怖がって飼い主様のそばで震えるばかり。



友好的なワンちゃんが近づいてきてくれても、ワンちゃん同士の挨拶の仕方も解らずに、唸ったり、場合によっては、パニックのあまり、身を守ろうと相手に噛みついてしまったり・・・



困った飼い主さんは、動物病院やドッグトレーナーに「この子、他のワンちゃんと上手く遊べないんです・・・」
とご相談にいらっしゃったりするわけです。




今までも、何度かお話してきましたが、ワンちゃんというのは社会性を持つ動物です。




正常な心の発育には、幼少期から様々な人や犬と出会い、社会性を身につける必要があります。




社会性を身につけるには、特に「生後5カ月までをいかに過ごすか」が重要だといわれています。



ワンちゃんをお家に迎える際には、こういったことをしっかりと考えておかなければなりません。



それぞれのご家庭の状況が、ワンちゃんを迎え入れ、社会性を学ばせるために、しっかりと時間をとることができる状況なのか?



しっかりと、考えたうえでワンちゃんをお迎えいただきたいものです。




ところで、肝心の映画ですが・・・




大人も子供も楽しめる、とても良い映画でしたよ ^^