町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
子宮蓄膿症 2
2012年09月29日 (土) | 編集 |
さて、パンパンに膿がたまった子宮ですが・・・





20120926tah01.jpg




このまま放置すると、最悪の場合は子宮破裂。




そうでなくても、大量に蓄積した子宮内の膿の影響から、多臓器不全をおこし命に関わります。




治療には基本的には外科手術が必要。





膿でパンパンに膨れた子宮を丸ごと切除することになります。





このワンちゃんも、その日のうちに緊急手術となりました。






20120926tah03.jpg
拡大注意!




お腹をあけると、すぐに膿がたまった子宮が・・・





不用意な力を加えて、破裂させてしまわないように慎重に子宮を腹腔外に引っ張り出します・・・





20120926tah04.jpg
拡大注意!





いつ破裂するかとひやひやしながら何とか子宮を腹腔外へ・・・





ちなみに、このワンちゃんは体重4kg(そのうち400gは膿の溜まった子宮)のマルチーズ。






実質の体重3.6kgのマルチーズのお腹から、これだけ巨大な子宮が出てきたってちょっと信じがたい写真ですよね。





子宮の摘出そのものは、一般的な避妊手術と同じ手順ですが、子宮を乱暴に扱うと破裂する危険があります。




また、子宮破裂までは行かなくても、すでに子宮から膿が少量ずつ漏れ出していることもあり、そういったときは、膿が漏れ出た部分が癒着をおこしていることもあるため、慎重に手術をおこないます。





20120926tah05.jpg





無事に手術は成功。






腹膜炎等の合併症がなければ、翌日にはケロッとして御飯をモリモリ食べてくれます。





このワンちゃんも、手術翌日には元気に御飯を食べてくれて一安心。




いつもながら、手術後のワンちゃん・ネコちゃん達のガンバリには感心させられます。