町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
乳癌の再発
2012年08月31日 (金) | 編集 |
半年ほど前に乳癌の切除をおこなったワンちゃんがいるのですが・・・





201203221.jpg
黄色で囲った部分が腫瘍。切除後、専門施設で検査した結果、残念ながらガンであるとの結果。






このワンちゃんが、最近になって「腋にしこりができた・・・」とのことで来院されました。





触診してみると、たしかに2cm程の固いしこりが・・・






すぐに注射針でしこり内部の細胞を採取し、検査をします。







20120831tah01.jpg





この様な細胞が採取されました。





ご覧のように、楕円形をした紫の細胞核が多数観察されます。





よくみると、基本的には同じ構造の細胞なのに、一つ一つの大きさがバラバラです。






このように、単一の細胞が多数観察され(=腫瘍の可能性が高い)、なおかつその一つ一つの大きさがバラバラの場合は、腫瘍は腫瘍でも悪性(=ガン)の疑いが強くなります。
※実際には、もう少し細かな基準があります。






このワンちゃんでは、半年前に乳癌の手術をしていますので、乳癌の再発が第一に考えられます。






ワンちゃんの乳癌では、3cmをこえる腫瘍では2年間の無病生存率が23%、再発率は85%と非常に術後の経過が悪いというデータがあります。






術後からたった半年で再発ということで、飼い主様も非常に落胆されているのですが、それだけ、乳癌が恐ろしいということであります。







ワンちゃんでは、早期の避妊手術が乳癌の予防に効果的というデータがあります。





初回発情前に避妊手術をした場合、避妊手術をしなかったワンちゃんに比べて乳癌になる危険性が1/200まで減るというのです。





もちろん、皆がみんな乳癌になるわけではありません。





避妊手術をしなくても、一生問題なく過ごす子もたくさんいます。





ただ、獣医師として診療を続けていると、今回のワンちゃんのようなケースを眼にすることも多く、「この子も、若いうちに避妊手術しておけば防げたのかもしれない・・・」と思うことが多いのです・・・