町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
臍ヘルニア(さいへるにあ)
2012年07月02日 (月) | 編集 |
先日避妊手術をおこなったワンちゃんのお腹の様子。





20120702tah01.jpg



中央部がぽっこりと飛び出ていますが・・・




臍ヘルニア(さいへるにあ)と言います。




わかりやすく言えばデベソなわけですが・・・




この部分は、母犬と臍の緒でつながっていた部分。




本来はこの部分は、出生後に臍の緒が取れるのに合わせてふさがるのですが、時々、この部分がふさがらずに穴が残ることがあります。




その穴から、内臓脂肪がポッコリと飛び出た状態が臍ヘルニア。





これは主に美容上の問題で、必ずしも手術しなければならないわけではありませんが・・・




穴から飛び出した内臓脂肪などが、穴の部分に引っ掛かって戻らなくなってしまった場合、その部分の血流が妨げられ、ひどい痛みや炎症を引き起こすことがあります。




そこで、避妊手術などをおこなう際に、ついでに塞いでしまうことが一般的。




こちらのワンちゃんも、避妊手術ついでに穴を塞ぎました。




20120702tah02.jpg




左側の、ポツポツと数か所赤くなっているのは、避妊手術をして腹壁を縫った痕。




ズボッと銀色の器具を差し込んでいる部分が臍ヘルニア。




5mm程度の穴が開いていました。



これを縫い塞いであげれば終了です。