町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
乳歯抜歯
2012年05月24日 (木) | 編集 |
今までもちょくちょくとりあげていますが、乳歯抜歯の症例です。





20120524tah01.jpg




チワワ、ミニチュアダックス、トイプードル、ヨークシャーテリアなどなど・・・




小型犬では、乳歯から永久歯の生え換わりが正常に行われず、特に犬歯の部分の乳歯が抜けずに残ってしまうことが多く発生しています。




写真の症例は小型犬のMIX犬なんですが、犬歯の部分の乳歯が抜けずに残っており、去勢手術の際に抜歯をおこないました。



乳歯といえども、犬歯の部分は歯根が非常に頑丈。



強引に抜こうとすると、根っこが折れてしまったり、アゴの骨自体にダメージが加わってしまう危険性もあります。



そこで、歯茎を切開し、アゴの骨の一部を削る外科的抜歯をおこないます。




上の写真は、アゴの骨を削って、歯根を露出したところ。






20120524tah02.jpg





抜歯がすんだあと。



ぽっかりと空いた抜歯のあとが、犬歯(乳歯)の歯根の頑丈さを物語っています。



結構な大穴があいてしまいますが、きちんと歯茎を縫い合わせて閉鎖してやれば、1カ月もすれば骨が再生して完全に治ります。