町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
切除生検 ~乳腺~
2012年05月17日 (木) | 編集 |
避妊手術前の検査で、乳腺に腫瘍が見つかったワンちゃんの術中の写真です。




20120515tah.jpg




手術器具で示している部分に「しこり」があるのがお分かりいただけるでしょうか?




乳腺に腫瘍が見つかった場合の対処法にはいくつかあります。



① 腫瘍部分を含む側の乳腺をすべて切除する。

② 腫瘍部分の乳腺だけを切除する。

③ 腫瘍部分だけをくりぬくように切除する。


などです。


それぞれ、一長一短あるわけですが・・・



今回は、避妊手術がメインだったことと、腫瘍が5mm程度と小さなものが1個だけでしたので、腫瘍部分だけをくりぬくように切除しました。



くりぬいた腫瘍は検査所に送って詳しく検査してもらいます。



その結果が、万が一「悪性」で合った場合は、改めて乳腺をごっそりと取り除くような手術が必要になるのですが・・・



今回は、幸いにも結果は「良性」でありました。



乳腺腫瘍は、女の子のワンちゃんでは最も多い腫瘍の一つです。


2~3週間のうちに、急激に大きくなるケースや、複数出現するケースもありますので、中高齢のワンちゃんでは、普段からおっぱい周辺にしこりが無いかお家でチェックしていただくことが大切です。