町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
尿結晶とミネラルウォーター
2012年04月05日 (木) | 編集 |
こちらは、先日わんにゃんドックをおこなったワンちゃんのおしっこの顕微鏡写真。



20120405tah.jpg



シュウ酸カルシウム結晶という尿結晶です。


尿結晶には色々と成分によって種類が分かれるのですが、ワンちゃん・ネコちゃんではリン酸アンモニウムマグネシウムという成分の結晶が主流。


シュウ酸カルシウムは2番目です。人間ではシュウ酸カルシウムがもっとも多いそうです。



さて、尿結晶・尿結石が発生する原因は様々で、そのワンちゃん・ネコちゃんの体質や食生活が関わってきます。



結石の主成分となるミネラル分や、リンやシュウ酸といった栄養素の過剰摂取が一つの要因としてあげられます。



過去には豆腐をオヤツにしている、チーズをオヤツにしている、煮干しをオヤツにしているといったワンちゃん・ネコちゃんで尿結晶が発生し、それらのオヤツをやめていただいたら改善したということを経験しています。


そこで、今回のワンちゃんでも、飼い主様にお話しをうかがうと、どうやらミネラウォーターを常飲している模様。



水道水を含め、どんな「水」にもある程度のミネラル分が含まれているわけですが、ミネラルウォーターは産地によっては日本の一般的な水道水の5~6倍ものミネラル分を含んでいるものもあるようです。



ためしに、このワンちゃんもミネラルウォーターをやめて水道水にしていただいたところ・・・



わずか1週間で尿結晶が消えました!



ここで不思議なのが、人医療ではシュウ酸カルシウム結晶の予防には、むしろカルシウムの積極的な摂取が効果的だそうです。


シュウ酸カルシウム結晶は、名前の通りシュウ酸(ほうれん草などに多い)とカルシウムを主原料として形成される結晶なのですが、シュウ酸とカルシウムを同時に摂取すると、カルシウムがシュウ酸の腸からの吸収を妨げてくれるそうです。


ですので、もし、ミネラルウォーターの中にカルシウムが多く含まれていたとしても、それが悪化させていたとは考えにくいのですが・・・


ただ、別の症例では、チーズを食べていたワンちゃんでシュウ酸カルシウム結晶が発生しており、チーズをやめていただいたら消えたということも経験しています。


これなんかも、チーズに多く含まれるカルシウムが原因だったように思えます。


泌尿器科の先生の講演に出席する機会があったら、こういった事例について聞いてみたいものです。