町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
虫歯ですか? 1
2012年03月12日 (月) | 編集 |
「歯が緑色になっているんですが、これは虫歯ですか?」



ということでご来院いただいたワンちゃん。



20120312 (2)



歯の付け根が黄緑色になって見えますが・・・



これは「虫歯」ではなくて、「歯石」と「歯石に付着した食べかすなどの汚れ」が混然一体となったものです。


「虫歯」とは、医学的には「齲蝕・うしょく」と言いまして、食べ物に含まれる糖質を、口の中の細菌が分解した際に発生する「酸」によって歯が溶けてしまうことを言います。


ワンちゃんでは、歯の構造、食生活、唾液の性質の違いから、人間のように「虫歯」をおこすことはめったにありません。




ワンちゃんで問題になるのは、歯槽膿漏などの歯周病であります。




写真のワンちゃんでは、付着した歯石や食べかすなどの汚れが原因で、歯茎の肉が壊死してしまっています。



他の歯も結構ひどい状態。



20120312.jpg



20120312 (3)



全体的に歯石と汚れが付着し、歯周病が発生していますが、特に右下顎の犬歯の部分(一枚目の写真)が重度です。


この犬歯は抜かなければいけないかもしれません。


犬歯は一番見た目に関わる部分なので、抜かずに済めば良いのですが、歯周病が重度の場合はそうもいっていられません。


特に、この部分は痛みも激しいようで、このせいで食事も思うようにできていないようです。



こちらのワンちゃんは、今年8歳になったばかり。


歯磨きなどを全くやっていなかった小型犬としては、標準からやや重度の歯周病の進行度合いといったところでしょうか。



これ以上放置すると、他の歯も抜かなければいけなくなってしまいますし、何よりも、現在、痛みのせいで非常にストレスをうけている状態。


早急に対処しなければなりません。


つづく・・・


町田市 谷口動物病院