FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
椎間板ヘルニア 保存的療法①
2012年01月31日 (火) | 編集 |
本日から数回にわたって「椎間板ヘルニア」についてとりあげます。



写真は、「椎間板ヘルニア」で後足に麻痺が生じてしまったワンちゃんの、リハビリの様子。



20120131.jpg



「椎間板」とは、背骨一つ一つの間にあるクッションの役割をはたす軟骨の一種のこと。
線維輪(せんいりん)と呼ばれる膜と、中心部の髄核(ずいかく)で構成されています。


この「椎間板」が何らかの理由により、変形したり、中身(髄核)が飛び出して、脊髄神経を圧迫し、急激な痛みや、麻痺をおこすのが「椎間板ヘルニア」。


2012年01月31日11時41分38秒



脊髄神経は背骨に囲まれているため、わずかな圧迫でも力の逃げ場がなく、神経に重大な障害を引き起こします。


圧迫の程度によって、痛みだけで済むこともあれば、写真のワンちゃんのように後ろ足の麻痺、ひどい場合は完全な下半身不随になってしまい、ウンチやおしっこすら自力でできなくなってしまうこともあります。


どんな犬種にも発症する可能性のある病気ですが、ダックスでは特に重症化しやすいことで有名です。


つづく・・・