町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
これは痛い!
2011年11月21日 (月) | 編集 |
20111121.jpg



これ、どういう状況か解りますか?




ネコちゃんの前足ですが・・・



伸びすぎた爪が肉球に刺さっている状態。



こりゃ痛い!



ワンちゃんでも親指の部分がこういう風になることが良くあります。




徐々に肉に食い込んでいくため、結構深くまで食い込むまで気づかれないことが多いのです。



20111121 (2)



取り除いた爪。



5mmくらいが刺さっていました。



爪が二つになっているのは、抜くときに分離したから。



私が今まで見た症例で一番かわいそうだったのは、この刺さった爪がそのまま伸び続け、ぐるっと一周して爪の根元の横から出てきて、もう一回刺さり始めているという状態。



はじめ見た瞬間は頭の中に「?」マーク。



一本の指に爪が2本並んでいるように見えて、はじめは奇形か何かと思ったくらい。



局所麻酔をかけて爪を抜くと、ぐるっと1周半くらいの爪が出てきました。



ワンちゃんやネコちゃんの爪というのは、本来、自然環境の中で木に登ったり、地面を掘ったりする中で自然に適度な長さに保たれるものなのですが、人間のペットとして室内で飼育されている場合は、十分に爪が擦り減らないためにこういった問題が起きるものと考えられます。



しっかりと気をつけて管理してあげなければいけません。