町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
設計打ち合わせ
2008年10月16日 (木) | 編集 |
設計打ち合わせ中嶋久男建築研究所の中嶋さん

設計士さんと設計打ち合わせをしました。

今までに何件も動物病院の設計を手がけて来られたプロフェッショナルで、医療機器でお世話になっている本郷いわしやさんの御紹介でお願いすることになりました。

設計の手順としては、まず私から病院の平面図についておおまかなリクエストを出しました。

こだわりのポイント
 1 できる限り待合室を広くする
 2 画像診断室と手術室を独立させる(動物病院ではスペースの都合で、レントゲン
   室と手術室が兼用されることが多いのです)
 3 ICU・処置室をできるだけ広くして、医局や検査室などから常に目が行き届く
   位置に配置すること
 4 道路から中の様子がよく見えるようにして、オープンで入りやすい病院にすること

そのほかにも色々と要望をだして、それをもとに平面図を起こしていただきました。

平面図が決まったら、入院ケージの位置やレントゲンの位置など大きな機械類の配置を考慮しつつ細部にわたって設計をつめていきます。

さすがにベテランです。私の細かい要望をよく理解していただけますし、たくさんのノウハウを持っていらして「なるほど?」と思うようなアイデアをたくさん出していただきました。
設計図

特に防音対策(テナントで開業するには最重要項目です)については非常にたくさんのノウハウをお持ちでした。
防音といえば壁やガラスの防音を考えますが、中嶋さんいわく「いくら壁を防音しても換気扇からの音漏れを防がないと意味がない」そうです。(私も壁と窓の防音しか頭にありませんでした)

これについては換気扇の排気ダクトの取り回しの工夫や、専用の消音装置を使用して解決できるそうです。
その他、ドアの密閉度など防音にはかなり気を使って設計していただきました。

その後、酸素の配管やコンセントの位置、水道の位置など細かいところまで念入りに設計し、ひとまず紙の上では理想の病院になったと思われます。


今回の打ち合わせで内装工事費の見積もりが出ましたので、順調に行けば10月22日に着工、11月末には完成の予定です。

周辺住民の皆様には工事期間中色々とご迷惑をおかけするかと思いますが、最大限の注意を払って進めてまいりますのでなにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。