町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
過剰反応?
2011年10月28日 (金) | 編集 |
今日は獣医療とはまったく関係のないお話し。



私の故郷は、兵庫県の揖保郡御津町(現在はたつの市御津町)という瀬戸内海に面した河口の町。



自然が多く残り、干潟に沈む夕日がとても美しい町なのですが・・・



yuhi_002.jpg


そんな揖保郡(現 たつの市)の名産と言えば「揖保の糸」。



そうめんと言えば私にとっては「揖保の糸」以外の選択肢はないわけですが・・・(もちろん他にも美味しいそうめんはあるでしょうが、やはり故郷の味が一番ということで)



そんな、揖保の糸に関するちょっと残念なニュース。


「そうめん天日干し、自粛  放射能汚染不安に配慮」


揖保の糸の伝統的な作業工程の一つに、「門干し(かどぼし)」といって天日と寒風にさらす工程があるのですが、消費者の放射能汚染に対する不安を考慮して自粛しているとのことです。


もともと、現在では伝統的な「門干し」ではなく、機械を使って乾燥させる工場も多いようですが、やはり伝統を守った高品質な「揖保の糸」を守っていくことも大切。


ニュース記事にもあるように、原発事故の前と後で特に播磨地方の放射線量に変化はなく、実際には問題はないとのこと。



たしかに生産者としては、消費者が不安に思うのなら安全策をとるというのは大事なことかもしれませんが・・・



ただ、安全性が確保されているのであれば、伝統的な製法で作ってほしいな・・・と



やはり故郷の味ですからね~



何事においてもそうですが、物事を判断する時には冷静で広い視野を保つように心掛けるようにしたいものです。