町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
施設ご紹介 4
2009年03月08日 (日) | 編集 |
2009/03/08

ずいぶん間が空いてしまいましたが、「施設ご紹介シリーズ」です。
最後を締めくくるのは手術室です。

手術室

手術室は壁も床も青で統一してあります。
これは、手術室が特別な空間であることを視覚的に認識するためです。

手術室というのは院内でもっとも清潔にしなければならないスペースです。
当然、靴もはきかえなければいけませんし、白衣に動物の毛がついている状態では入室できません。
また、室内での動作も(手術中など特に)注意が必要です。

壁の色、床の色がほかの部屋とまったく違えば、自然と部屋に入る瞬間から気持ちが切り替わります。

ちなみに先日ご紹介したICUも同じ理由で緑に統一しています。

麻酔器・人工呼吸器 麻酔導入

こちらは麻酔器と人工呼吸器です。
上に乗っているのが人工呼吸器、下にあるのが麻酔器です。
術中の麻酔管理の要になります。


ベアハガー 1

これは保温システムです。
ベアハガー(Bair Hugger)という装置で温風がマットの中に送り込まれると・・・

ベアハガー 2 マットがふくらみます

マットには無数の小穴があいていて、そこから温風が吹き出します。
この温風が動物の体を包み込むことで、手術中の体温維持をおこなってくれます。

布団乾燥機みたいなものでしょうか。
手術後の動物の体は「ほっかほか」です。
ちなみに、ベアーハガー(Bair Hugger)=くまさんのだっこという意味です。
あったかそうですよね。

その他、電気メスや歯科処置器具などが準備されています。

電気メス 
電気メス(本体)。腫瘍の切除など出血の多い手術に役立ちます。

歯科器具 
歯科処置器具。歯の健康は長生きの必須条件です。歯石・歯周病治療に使用します。

町田市 谷口動物病院 犬猫専門