町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
回復の兆し・・・
2011年09月29日 (木) | 編集 |
消化器系の異常で入院、緊急手術をおこなったネコちゃんのカルテ。



20110929.jpg


いろいろと書いてある真中に・・・


「vig↑(元気上昇)、おこるようになる、手が出る」



という記載。


別にふざけているわけではありません。



重度の嘔吐と元気消失で、消化管の通過障害を疑い手術をおこなったのですが。



入院初日、手術前はぐったりしてほとんど動かず。


飼い主様のお話しでは、「普段から知らない人や、病院では警戒してシャーシャー怒る」ということでしたが、そんな余裕もないほどのぐったり具合。


手術から一夜明けて飼い主様が御面会にいらした時も、少しは調子が良くなったものの、まだまだ動きが鈍く、いつもの状態からは程遠い様子。


「今のところ、処置中に少し唸り声を上げることはあるけど、シャーシャーいって怒る様子はないです。もしかしたら、元気が出るとともにおこるようになるかもしれませんね~」


なんてお話しをした数時間後・・・



体温を測ろうとお尻を触ったとたん・・・



「シャー!!  パシッ!」と鋭いネコパンチが。。。


回復の兆しがみられたようです・・・


嬉しいような・・・悲しいような・・・