町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
外歯ろう(眼窩下膿瘍) 1
2011年08月27日 (土) | 編集 |
以前にもご紹介しましたが、奥歯が重度の歯周病になると、眼窩(がんか)といって、眼球を囲む骨の部分にまで悪影響が及ぶことがあります。
歯槽膿漏と眼窩


今回も、そんな一例。




20110827.jpg



ちょうど目の下に位置する奥歯に、重度の歯周病が発生。


内部にたまった膿が目の下から出てきています。


重度の炎症のため、頬骨も、頬の皮膚も壊死してしまった状態。


眼球周辺の骨もダメージを負っている可能性があります。



歯周病というのは、飼い主様の目に触れにくく(お口の中まで詳しく観察する方は少ないため)、皆さん軽く考えがちですが、重度になるとこのような状態にまで進行してしまいます。




20110827 (2)



御覧のように、この部分の臼歯(奥歯)には大量の歯石が付着し、歯茎も赤く腫れ、膿が出てきています。



これだけひどい状態でも、このワンちゃんは食事もとり、一見すると元気そう。


決して痛くないわけではないのですが、ワンちゃん・ネコちゃんはお口の痛みは限界まで耐える傾向にあります。


というか、そもそも訴えるすべを持ちませんし、生きていくためには痛くても食べるしかないということでしょう。


そのため、飼い主様もここまでひどいとはなかなか気づきにくく、動物の歯周病は治療が後手後手に回ってしまうのです。


つづく