町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
乳歯抜歯 ①
2011年08月18日 (木) | 編集 |
今までにも何度かとりあげてきましたが、チワワやトイプードルなどの小型犬では乳歯の生え換わりが上手くいかずに、後々の歯並びや歯周病に悪影響を及ぼすことが良くあります。




こちらのチワワちゃんもその一例。



20110818co.jpg
上顎の状態。
矢印で示した部分が抜け損なった乳歯。



ワンちゃんでは生後4~5カ月ごろから永久歯に生え換わります。


小型犬ではアゴの骨格の小ささなどの問題から、御覧のように乳歯から永久歯への生え換わりが上手くいかず、乳歯が抜け残ってしまうことがよくあります。



こうなると、永久歯の歯並びが崩れてしまいますし、乳歯と永久歯が密集している部分は汚れが溜まりやすく、歯周病になりやすくなってしまいます。



20110818co (2)



今回、特に問題になっているのが下顎の犬歯。
抜け残った乳歯が邪魔になり、永久歯が内側にずれてはえはじめています。


このまま永久歯が伸びきってしまうと、上アゴの歯茎にあたったり、本来接触するはずのない上の犬歯と接触してしまったりと、今後の生活に大きな問題をおこす可能性があります。


早急に邪魔になっている乳歯を抜き、正常な位置に移動できるスペースを作ってあげなければいけません。



とはいえ、乳歯といえども、犬歯は根っこがかなり頑丈で、抜くのがなかなか大変な歯です。


しかも、今回のチワワちゃんは、体重1.3kgの超小型犬。


写真からもわかるとおり、アゴの骨が指先でつまめる程度の大きさしかありません。


このように細いアゴの骨ですから、犬歯を抜く際に不用意に大きな力をかけると、アゴの骨が折れてしまう可能性もあります。


たかが乳歯とはいえ、なかなか神経を使う作業なのであります。



つづく・・・