町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポーツドリンクっていいの?
2011年07月26日 (火) | 編集 |
ときどき御質問いただくのですが・・・


「夏の暑い時に水分補給にスポーツドリンクを与えるといいって聞いたけど?」

「下痢の時に応急処置としてスポーツドリンクを与えるといいって聞いたけど?」


などなど・・・


皆さんも耳にされたことはございませんか?


結論としては、悪くはないですが基本的にはお勧めしません。


まず、夏場暑い時に、水分だけではなく、ミネラルが必要ではないかという考え方。


ワンちゃん・ネコちゃんは人間のように汗をかくことが無く、体温調節は呼吸に伴う水分の蒸発(気化熱)を利用しています。


そのため、人間のように汗とともに塩分などのミネラルを喪失することはありません。
呼吸での体温調節では、純粋な「水分」だけが喪失されますので、逆に体液が濃縮して体内の塩分濃度が上昇する傾向にあります。


そのため、夏場の水分補給としては純粋に「お水」をとっていただければ大丈夫です。
もちろん、生きていくためには一定のミネラル分は必要ですが、それは通常の食事で十分に賄えます。



次に「下痢の時の応急処置」という考え方。


下痢の時は水分だけではなく、腸液に含まれるカリウムなどのミネラルも喪失してしまうので、そういったものの補給としてスポーツドリンクというのは一つの選択肢です。


ただし、補充が必要なほどミネラル分を喪失するような下痢は、専門的な治療が必要なことがほとんどですから、
あくまで応急処置としては「不可」ではありませんが、特にお勧めする方法ではありません。



最後に、忘れてはいけないのがスポーツドリンクには「糖分」がそれなりに含まれているということ。


糖分が含んでいるものを日常的にあたえると、ワンちゃんでも虫歯の危険があります。
(ワンちゃんは人間と比べ、食性、唾液成分の違い等から虫歯にはなりにくいとされています)


さらに、ここ最近ニュースになっている「ペットボトル症候群」。


私もニュースで初めて知ったのですが、スポーツドリンクなどの清涼飲料水を過剰に摂取することで、一時的に糖分代謝に異常が生じるとのこと



「スポーツドリンクが水分補給にいい」という思い込みが招いた現代病の一種なわけですが・・・



この問題は、ワンちゃん・ネコちゃんも同様の危険がありますのでご注意ください。