町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
前立腺肥大
2011年07月25日 (月) | 編集 |
今日は前立腺肥大のお話し。


前立腺は膀胱の出口のすぐそばにある分泌腺で、精液の分泌に関わる男性特有の器官。


人間の男性でも加齢とともに発症することが知られていますね。


去勢手術をしていない中高齢のワンちゃんに多くみられます。


前立腺の内部には尿道が通っており、前立腺肥大をおこすと尿道が圧迫され排尿困難になります。


また、前立腺のすぐ上には直腸が通っているため、直腸が圧迫され便秘傾向になることもあります。



20110725lu.jpg



診断には超音波検査機を使用します。


正常な前立腺は小型犬では2cm弱の大きさ。


写真の症例では長さが37mmと正常の倍近くになっています。この症例は前立腺の炎症も併発していたため、血尿と排尿困難を主訴に来院された症例です。


前立腺肥大の治療には、一番には去勢手術を選択します。生殖器の疾患ですので、男性ホルモンの関わりが非常に深く、去勢手術をおこなうことで肥大した前立腺は1カ月程度のうちに正常に戻ります。


去勢手術が受け入れられない場合はホルモン剤で治療しますが、再発を繰り返すため、基本的には去勢手術がすすめられます。


20110725lu (2)


こちらが去勢手術から1ヶ月後の超音波画像。


すっかり正常の大きさまでしぼんでいます。


おしっこにかかわる症状もすべて改善です。