町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
子犬の低血糖
2011年07月14日 (木) | 編集 |
月曜日に急患で担ぎ込まれたチワワの子犬君。




20110714_20110714160813.jpg



まだ生後3カ月。体重700グラム弱の体には点滴がやたら大きく見えます。



朝までは普通にしていたのに、夕方には意識不明で倒れてしまっていたとのこと。



痙攣もおこしていた模様。



この季節ですから、熱中症を一瞬疑いましたが、様子をみるとどうも違うよう。


お家でもクーラーを使用していたようです。


となると・・・


子犬のこのような症状は、急性の低血糖で診られることがあります。


血液検査をしてみると、案の定、血糖値が20(正常は80~120程度)と極端に低下しています。



子犬は糖分の貯蔵能力が低いため、短時間の絶食(6~12時間)でも低血糖をおこし、意識不明の状態に陥ることがあります。この状態が長く続けば当然命に関わります。


このワンちゃんも、お食事は朝夕の一日二回しか与えていなかったとのこと。



即点滴で糖分を補給、意識が回復してからは三~四時間ごとのこまめなお食事で無事に回復。



子犬ちゃんでは結構良くある症例ですので、子犬ちゃんを飼い始めたばかりのかたは要注意です。