FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
ロゴデザイン? モデル
2008年10月15日 (水) | 編集 |
ロゴデザイン?で、ロゴのイラストにはモデルがいるというお話をしました。
今日はそのモデルのご紹介です。

しろ嬢
まずは『しろ嬢』をご紹介いたします。
彼女は現在、私が勤務している矢敷動物病院で飼育されています。

もともとは、私が矢敷動物病院に就職する何年か前に保護されて来たのが始まりだそうです。

ですので正確な犬種は不明ですが、特徴からするとドゴ・アルヘンティーノというアルゼンチン原産の犬種ではないかと思われます(少なくともその血は引いている?)。

このドゴ・アルヘンティーノという犬種、日本ではなかなか珍しい犬種なのですが(最近、映画になったので少し知名度が上がった?)、なぜそんな犬が保護されて、飼い主も見つからなかったのか?

これについては、我々の推測なのですが、おそらく米軍キャンプ内で飼われていた犬が脱走したのではないでしょうか。

実は、彼女には個体識別の為のマイクロチップが埋め込まれているのですが、その番号が日本国内のものではないのです(どこのものかは不明です)。

しかも、彼女が保護された7?8年前は、日本国内ではマイクロチップは一般的ではありませんでした。

そのようなことに加えて、病院から1キロも離れていないところに米軍キャンプの住宅地もありますので、上記のような推測をしたというわけです。

犬種図鑑などを見ると、なかなか獰猛なところがあるように書かれていますが、彼女はとても愛嬌があり、命令もよくきくかわいこちゃんですよ。

次に猫のモデルについて・・・
ピノ
ホームページにも登場する彼女。実は我が家の飼い猫で『ピノ』といいます。

この子も、もともとは病院に保護されてきた捨て猫でした。
実は、生まれつき右側の腎臓が小さい(形成不全)という問題を抱えています。

ですので、若いうちから腎臓保護の為の食事にしたり、定期的な尿検査や血液検査が欠かせません。

7月頃に久しぶりに血液検査をしたのですが、今のところ腎臓の機能に関しては問題はないようで一安心です。

どちらも、なかなかの美人さんなので、病院の看板にはふさわしいと思うのですがいかがでしょうか?