町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
ニキビダニの続き
2011年05月20日 (金) | 編集 |
さて、ニキビダニの続き。


20110517(4).jpg


なんとも気味が悪いニキビダニですが、基本的には無害で、ほとんどすべてのワンちゃんの皮膚に寄生がみられます。


この、通常は無害なニキビダニですが、例外的に皮膚に病気をおこすことがあります。



原因は様々ですが、何かしらの疾患によって、その動物の免疫力が下がったりした状態の時です。


たとえば肝臓疾患など。
ホルモンバランスが乱れるような病気。
幼犬時に一時的に。
免疫力を下げるような薬の長期投与。

などなど・・・


上記のような時に、ニキビダニが異常増殖し、それによって皮膚炎をおこすことがあります。



20110517.jpg
皮膚が赤黒く変色して、かなり荒れた状態。毛も抜けてしまっています。
ちょっと擦っただけですぐ血がにじむ状態です。





20110517 (2)


20110517 (3)


ニキビダニによる皮膚炎の場合、多くが写真のように皮膚が赤く炎症をおこし、一部は黒く色素が沈着します。


脱毛し、皮膚表面が荒れて、すこしこすっただけでフケが多く出たり、血がにじむような状態。


こういった皮膚炎の時はニキビダニによる皮膚炎を強く疑います。



このニキビダニによる皮膚炎は、通常の皮膚炎の治療法では治りません。
それどころか、薬の選択によってはかえって悪化させてしまうこともあります。


それ程多く見かける疾患ではありませんが、注意深く検査をしないと見過ごしてしまい、「何カ月も皮膚炎が治らない!」なんてことになってしまいます。


また、前述のように、ニキビダニが過剰に増殖するということは、何かしらの基礎疾患(ホルモン異常やその他の病気)が隠れている可能性が高いです。


ニキビダニが検出された際には、皮膚の治療だけではなく、その他に隠れた病気がないか調べることが重要です。