町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
本日のわんにゃんドック ①
2011年05月10日 (火) | 編集 |
こちらはトイプードルのぷーちん君。


20110507po.jpg


今年の6月で2歳とまだ若いのですが、慢性的な皮膚炎や、吐き気などいくつか気になる点があるため、精密検査として「わんにゃんドック」をうけていただくことになりました。



皮膚病や、吐き気や下痢などの消化器症状がなかなか治らない場合、皮膚や消化器そのものの問題ではなく、アレルギーやホルモン疾患、肝臓病や腎臓病など別の病気がベースにあり、その影響の一つとして皮膚や消化器に症状が出ていることがあります。



そのため、一般的な治療で皮膚病や消化器疾患が治らない場合は、一通りの血液検査やレントゲン撮影などをおこなって、なにか別の病気が隠れていないか探す必要がでてきます。



ぷーちんちゃんも、現在、本人の体調はそれ程悪くはないのですが、何度か繰り返す皮膚炎や吐き気の症状を飼い主様が御心配されているため、一度、一通り調べてみようということになりました。



幸い、肝臓・腎臓などの主要臓器に異常は見つかりませんでした。



ただ、アレルギー性疾患の疑いがまだ残るので、今後はそちらの検査も進める必要があるかもしれません。