町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
本日のわんにゃんドック
2011年04月15日 (金) | 編集 |
わんにゃんドックのご紹介です


今年の夏で3歳になる、ノルウェージャンフォレストキャットのシエル君。



P1010084_20110415095830.jpg


1歳の頃から毎年うけていただき、今年で3回目のわんにゃんドックです。


シエル君自身は、病院は嫌いなようで、ちょっと不機嫌そうな顔です



当院では、ドックの結果は報告書にまとめて、それぞれの数値の意味や、もし異常があれば、それについての対策など十分に時間をかけて御報告しています。


P1010075_20110415112652.jpg


もちろん、実際のレントゲン画像や、超音波検査の画像などすべてお見せして御説明しております。



実は、先日、私自身が人間ドックに行ったのですが・・・

そこでは検査後に「お医者さんからのカウンセリング」があるとのことでした。


で、いったいどんな風に説明してくれるのかと期待したら・・・

報告書をざっと示して、「異常ありませんでした。」

の一言二言だけ・・・5分もかからずでした。

これがカウンセリング??

せっかく高い費用を出して、自分の健康状態のチェックをするのですから、それぞれどういう検査をおこなって、どのような結果が出たのか、もう少し細かく説明してほしいものです


もちろん、異常があればもう少し詳しい話があったのかもしれません。

でも、異常がなかったとしても、

「これこれこういう風に検査して、こういう結果だから安心していいですよ

というのを、しっかりと伝えてもらうことで満足度・安心度もするもんだと思うのですがね~

自分が「何に対してお金を支払ったのか?」ということもハッキリしますしね!



それにしてもバリウム検査!

あれだけ「げっぷ」を我慢しつつ、あっちに転がされ、こっちに持ち上げられてと何枚もレントゲンを撮られたのに、一枚も画像を見せてもらえませんでした

楽しみにしてたのに・・・