町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
放射線の影響は・・・?
2011年03月25日 (金) | 編集 |
本日の計画停電は、18:20?22:00となっております。
計画停電について詳しくはこちら→CLICK



東日本各地で、野菜や飲料水の放射性物質による汚染が問題になっています。


特に、町田市でも飲料水が一時的に汚染されたことで、心配されている方も多くいらっしゃると思います。


そうすると当然、「ワンちゃん・ネコちゃんにとってはどうなの??」という疑問が出てくると思います。


獣医療での被ばく問題というのは、ちょっと手持ちの資料では調べることができませんでした。


ガン治療のための、放射線治療時の被ばくによる副作用などのデータはあるのですが、この場合の被ばくは、いま問題になっている飲料水や食品からの被ばく量とはまったく「桁違い」なのであてになりません。


とりあえず、今のところは人間向けの情報から類推することになります。



こちらのサイトが詳しく・わかりやすくて良いようです

日本医学放射線学会 放射線被ばくに関するQ&A

でんきの情報広場



これらからすると、この状況が数か月~数年と続くのは困りものですが今のところはそれ程心配する必要はないようです。


もともとの基準値が非常に厳しいものなので、その基準値を多少オーバーしたとしても、健康に対しての心配はないということのようです。健康に被害が出るほどの「放射能漏れ」には、まだまだということのようですね。

昨日、NHKで専門家の方が話されていましたが、基準値をこえた水を飲んでいても、健康に影響が出るのは、その水を毎日飲んでいても数カ月先の話だそうです。

放射線の被害というのは、「一度にどれだけの量を浴びるか」ということと、「どれだけの期間にわたって浴びるか」に関係してきます。

たとえば、放射線治療の時も、同じ量の放射線量でも、「一度に放射した時」と「少量ずつ何度かに分割して放射した時」では、分割して放射したほうが副作用が出にくいのです。

少量の汚染された物質を、一時的に取り入れたくらいは問題ないということのようです。


ただ、健康にかかわることなので、政府としても「少しだから平気です」とだけは言えないので、「汚染された水は可能な限り避けてください。もし摂取してしまったとしても問題ありません」という言い方になるのでしょうね。


改めて結論。


原発の事故は心配だし、放射性物質の漏出はなるべく早くおさまってほしいが、今のところは政府の発表に従っていれば、人間もワンちゃん・ネコちゃんも心配はいりません!!

まずは、冷静になって、先ほどのリンクにあったように、信頼のおける情報源から的確な情報を得ることが大切です。

ただし、少量の放射性物質でも、長期にわたって摂取すれば健康被害が出るわけですから、なるべく早く、原発の事故については終息してほしいものです。

とりあえず、どのくらいで終息しそうかという見通しがたてばだいぶ安心できるんですがね~・・・