町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
シャンプー 補足
2011年01月31日 (月) | 編集 |
前回、ワンちゃんのシャンプーについてとりあげましたが・・・

その、補足としてネコちゃんのシャンプーについてお話いたします

cat0101-066_m.jpg

前回、ワンちゃんは皮膚炎をおこすことが多いというお話をしましたが、ネコちゃんはワンちゃんに比べると、皮膚病を起こすことは非常に少ないです。

ネコちゃんは、ワンちゃんに比べて皮脂で皮膚がべとべとすることが少ないようです。

実際の皮脂の分泌が、ワンちゃんに比べて少ないかどうか正確なことはわかりませんが、総じてネコちゃんの皮膚はさらっとして、清潔な状態で保たれています

なので、実際にはシャンプーを全くしなくても、問題ないことがほとんどです

また、ネコちゃんは独特のザラザラした舌で頻繁に毛づくろいをするため、短毛種であれば毛のもつれなどをおこすこともあまりありません

ただし、ペルシャなどの長毛種は、人間が定期的にブラッシングしてあげないと、毛がひどくもつれて皮膚病の原因になることがあります

また、お外に出かける子であれば、週1回?月1回くらいはシャンプーしておいた方が、衛生管理上良いのではないでしょうか。

ただし、シャンプーをしすぎて、皮脂を取り除きすぎても、かえって皮膚があれたり、フケが多くなることも考えられるので、皮膚の状態を確認しながらおこなうことが大切です

ネコちゃんでは、シャンプーよりもブラッシングのほうが大切なように思います。

先ほど述べたように、短毛種で自分で毛づくろいをする子なら良いのですが、長毛種や、短毛種でも年をとって毛づくろいをあまりやらなくなったネコちゃんでは、人間がブラッシングしてあげないと毛がひどくもつれてしまって、かわいそうなことになってしまいます。