町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
シャンプーしてますか?
2011年01月29日 (土) | 編集 |
先日、皮膚病のワンちゃんを診察した際に、飼い主様に、

「できれば週に一度はシャンプーをして、皮膚を清潔に保ってください

とお話しすると、

「そんなにシャンプーしていいんですか

と驚かれてしまいました

その飼い主様がおっしゃるには、野生動物はシャンプーをすることはないので、同じようにワンちゃんもシャンプーはあまりしないと思っていらしたとのこと。

20110129.jpg

う?ん

確かに、野生動物はシャンプーしませんが・・・

それは、「シャンプーをしなくて良い」わけではなく、「シャンプーがしたくてもできない」ということなのです

我々人間もそうですが、皮膚に皮脂や汚れが蓄積すると、その刺激で痒み・炎症が生じます。

人間は、文明が発達していく中で、体を洗ったり、シャンプーをすると、そういった皮膚の痒みを防ぐことができることを経験的に学び、日常の習慣として取り入れるようになったわけです。

ただ、野生動物はそういったことができませんから、おそらく、体のどこかしらは痒かったりするのだと思います。

ほとんどの場合は、痒みがあるだけで、深刻な皮膚炎になることはないでしょうが、中には重度の皮膚炎から命を落とすようなこともあるかもしれません

ということで、ペットとして飼育されているワンちゃんも、シャンプーをしなくても平気な子は平気だし、生きていくことはできます。
ただ、シャンプーをしてあげた方が、痒みや皮膚炎を予防でき、快適にすごせるのです

特に、人間に品種改良されてきたワンちゃんでは、たとえば・・・

? シーズー犬やパグ犬などは皮脂が非常に多く、顔の皮膚にたるみが多い体質のため、シャンプーをして過剰な皮脂・汚れを取り除かなければ、皮膚炎になりやすい。

? プードルやマルチーズなどトリミングを必要とする犬種は、定期的なトリミング・シャンプーをおこなわなければ、毛がもつれたりして、これも皮膚炎の原因になります。

品種改良されてきたワンちゃんは、すでに野生動物ではありません。

毛質や毛の色など、人間の好みでつくりだされてきた結果、皮膚炎をおこしやすい体質の犬種というのもたくさんいるのです。

人間の都合でつくりだされ、人間の都合でペットとして飼育されるワンちゃん

一つの命を人間の都合で束縛する以上、その命に対して真摯に向き合い、できる限り快適に過ごせるよう、幸せに過ごせるように努めることが大切です



ところで、適切なシャンプーの回数って、月にどのくらいでしょう

これは、正解はありません。
そのワンちゃんの皮膚の性質によって違います

シーズー犬などのように、皮脂が多い犬種でしたら、週に1回?2回くらいやらないと痒がる子もいます。
逆に、乾燥肌のワンちゃんもいるわけで、そういったワンちゃんはあまりシャンプーしすぎると、余計に肌がカサカサしてしまいます。

その子の肌の質を見極めて、「月に1?2回」「週に1?2回」と調節すると良いようです

そのあたりは、獣医師やトリマーさんなんかとご相談いただくと良いのではないでしょうか。