FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
痛くて・・・
2010年08月28日 (土) | 編集 |
本日、後ろ足にデキモノができてしまったワンちゃんの手術だったのですが・・・

鎮痛剤投与中・・・

人間で言うと足の甲にあたる部分のデキモノを切除したのですが、諸事情あって当初の予定よりも傷口を大きくしなければならなくなってしまいました

足先というのは皮膚にゆとりがないため、傷口が大きくなった場合、皮膚を縫い合わせるのにかなり力がかかってしまいます。

当然、術後の痛みが強く、足先もむくみやすくなってしまいます。

通常通りの鎮痛剤の投与では痛みのコントロールが十分でないため、点滴剤に鎮痛剤を混合し、一晩中流し続ける方法をとることにしました。

鎮痛剤といえども、必要以上に投与することは体にとって悪影響を及ぼします。
痛みを押さえることのメリットと、薬の副作用のデメリットを天秤にかけながら投与量を調節するのですが、この時ばかりはどのくらい痛いのか言葉で教えてほしいな?と心底思うのであります

特にこのワンちゃんはもともと敏感で、ちょっと手を握ったりしただけでビックリしてキャンキャンないたりするので、痛みの判断が難しいのです