町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
施設ご紹介 3
2009年01月21日 (水) | 編集 |
今日は病院の入院施設の要であるICU装置をご紹介いたします。

ICU.jpg

左上に見えるのがこの装置のコントロールパネルです。

ICU操作パネル

この装置では、ケージ内の温度・湿度・酸素濃度を厳密に管理することができ、とくに手術後の回復期のワンちゃん・ネコちゃん、重度心疾患による呼吸困難状態のワンちゃん・ネコちゃんの維持管理に力を発揮します。

検査室から
検査室から 2  検査室から 1

ICU装置には当然ですが集中管理が必要な患者様が入院します。

こまめな状態チェック・看護が必要ですので、ICU装置は検査室、医局と隣り合わせの配置になっており、各部屋からは窓を通して常に看視できるようになっています。

医局から 医局から

これにより、医局での休憩中・事務作業中でも、検査中・診察中でも常にICUの状況を把握することができます。

このICU・医局・検査室の配置は、病院設計の段階からこだわりぬきました。

病院内で、獣医師が過ごす時間が長いのは診察室・検査室・ICU・医局の4ヶ所が主になります。
この全ての部屋がつながりを持つことで、どの部屋で作業をしていても、全ての部屋の状況を把握することができ、これによって、獣医師の作業効率が格段に上がります。
作業効率がよくなれば、診療・検査・入院管理すべての作業の質をあげるとができます。

できれば、病気で入院するということはないほうが良いのですが、万が一、皆様の大切なワンちゃん・ネコちゃんをお預かりする状況になれば、このICUで、万全の体制で治療に臨みたいと考えております。