町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
肥満は病気
2010年06月17日 (木) | 編集 |
近年、人医療でも「メタボリックシンドローム」が取りざたされており、「肥満」=「病気」という考え方が一般の方にも浸透しつつあると思います。

動物医療でも同様で、今月の専門誌では「肥満」の特集が組まれています。

肥満

肥満 (2)

自由採食というのは、好きな時に好きなだけご飯を食べているということ。
無節操な食事管理が寿命を縮めかねないということです。

人では重度の肥満に対しての薬物療法などもおこなわれているようですが、薬物依存などの副作用の問題があるそうで、特に重度の肥満患者に限られているそうです。

動物用にも肥満治療薬が海外で販売されています。
食欲抑制作用と脂肪吸収抑制作用があり、減量にたいして効果があるそうです。

私も詳しい情報は持ち合わせていないのですが、副作用などの問題もあるので、人間同様、安易な使用は控えたほうが良いようです。

そもそも、肥満のほとんどは乱れた食生活、運動不足など生活習慣が原因です。(一部のホルモン疾患による肥満は除く)
それをお薬で体の代謝機能に影響を及ぼして痩せさせようというのは、やはり体にとってベストの方法とは言えませんし、お薬で痩せたところで生活習慣を改善しなければまたすぐに太ってしまいます。

だいたい、生活習慣の乱れといったって、ペットの場合は飼い主様の心がけ次第なのです。