町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
歯石クリーニング
2010年06月05日 (土) | 編集 |
ここ数日、歯石クリーニングの症例が続きました。

歯石 処置前

こちらは、もうすぐ11歳になる男の子のワンちゃんです。

それほどひどい状態ではないですが、全体にまんべんなく歯石が付着しています。

歯周炎

このぐらいの歯石でも、歯石の下では歯周病が確実に進んでいます。
きれいになった歯と歯ぐきの間に血がたまっているのは、炎症を起こした歯ぐきの肉です。

歯肉炎、歯周炎の状態です。

このくらいならば、歯石をきれいに取り除き、歯周ポケット内の汚れや炎症組織を取り除けば元通りに直ります。

これが、もう後何年か放置して、歯の根っこの部分まで炎症が進むと歯を抜かなければいけません。

歯周ポケット

このくらいの歯石の状態、歯周炎の状態でしたら、歯石の除去と歯の表面のポリッシング(歯石をとった歯の表面はザラザラに荒れているので、研磨剤でツルツルに磨きあげます)と合わせて1時間程度で終わります。
麻酔からの回復状態が問題なければ日帰りです。

歯石処置後