町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
背骨の奇形
2010年02月22日 (月) | 編集 |
数年前からフレンチブルドックの人気が少しづつ上昇してきているようで、病院の診察でもよく見かけるようになっています。

そのフレンチブルドックに多くみられるのが背骨の奇形。

背骨 フレンチブル
フレンチブルドック

背骨 柴犬
柴犬

柴犬のレントゲンと比べると、背骨が曲がっているのと、背骨一つ一つの形がはっきりしないのがお分かりいただけるでしょうか?(特に黄色矢印の部分)


この症例は奇形が軽度なので、特にこれが問題になることはありません。
ですが、奇形が重度な場合は神経障害、ひどい時には後ろ足の麻痺におちいることもあります。

ほとんどのフレンチブルが多かれ少なかれ背骨に奇形をともなっています。
大抵の場合、奇形は軽度で問題になることはありませんが、ああいった独特の体つきのワンちゃんを作り出すためには、それなりの骨格の異常も伴うということなのであります。