FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
胃穿孔 ①
2010年02月11日 (木) | 編集 |
先週の水曜日に緊急手術をおこなった症例です。

まだ生後10か月のネコちゃんです。

突然の吐き気を主訴に来院されました。
元気・食欲はあるのに、ご飯を食べるたびに吐くとのことでした。

このような症状の場合、胃に何か異物が存在する可能性があります。
今回の症例の場合は布をかじったり、毛糸をかじったりをしていたようなので、そういったものが胃の中に残っている可能性があります。

ただ、初めの時点では完全に胃や腸に詰まっている様子はなかったので、自然に便に排泄されるのを期待して経過観察としていました。(完全に胃・腸に詰まった場合は元気・食欲はなくなりますし、食事時以外にも吐くようになります)
その後、数日して「ウンチにビニールや毛のようなものが混ざって出てきた」とのことで、症状も一度落ち着きました。

やれやれ一安心と思っていたのですが・・・
すぐに症状が再発してしまいました。

本人はいたって元気にしているのですが、やはり食後に吐いてしまうとのこと。
そこでバリウム検査で詳しく調べるご提案をし、飼い主様とスケジュール調整をしていた矢先、本人の状態が悪化してきました。
2日(火)の夜から元気・食欲が落ちてきたとのこと。

そこで休診日でしたが、急きょバリウム検査をおこなうと・・・

バリウム直後
バリウムを飲んだ直後。胃の中にバリウムが充満しています。
この後、数十分から1?2時間ごとにレントゲンを撮影して、このバリウムが胃から腸へと流れていく様子を観察していきます。

バリウム30分後 (2)
こちらはバリウムを飲んでから30分たったレントゲン。
ほとんどのバリウムは胃内に残ったままです。ですが、その一部が胃の外に漏れ出てしまっています。
お腹全体に白いモヤモヤが広がっているのがお分かりいただけますか?

正常であれば、バリウムが胃から腸に流れていく様子が観察されるはずです。

バリウム造影 (2)
別の症例のバリウム検査画像。
胃から腸へ流れる様子が観察されます。

さて、バリウムが胃の外へ漏れているということは、胃に穴があいているということ。
胃に穴があいてしまうと、胃の内容物や消化液が漏れ出てしまい、「腹膜炎」をおこします。
また、漏れ出てしまったバリウムも腹膜炎を悪化させます。
命にかかわる事態です。
すぐに手術をおこない、穴をふさいで汚染された腹腔内を洗浄しなければなりません。

即座に飼い主様に状況をご説明し、緊急手術となりました。

つづく・・・