町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
前立腺炎
2010年02月08日 (月) | 編集 |
突然の血尿と食欲不振で来院した症例です。

血尿というと、膀胱炎かなと思いがちですが、ときどき膀胱ではなく前立腺の異常から血尿を起こすことがあります。

前立腺というのは膀胱の付け根にある分泌器官で、精液の産生にかかわります。
当然、男の子にしかありません。

この前立腺が炎症を起こしたり、化膿することがあるのですが、このときに前立腺からの出血で血尿を起こすことがあるのです。

前立腺

症例は高齢のダックス君。
通常、ミニチュアダックスであれば前立腺は直径2?3cm程度ですが、4.8cm×3.4cmとだいぶ腫れています。
内部にも黒く空洞になっている部分があります。
ひどい前立腺炎だとこの部分に膿がたまっていたりします。

前立腺炎はひどい場合は命にかかわることもあるので注意が必要です。

血尿のほかに、発熱や食欲不振、下腹部の痛み、ウンチやおしっこが出にくいなどの症状が見られることが多いようです。

前立腺炎以外にも、人間でもよくあるようにワンちゃんも年をとると前立腺が肥大することがあります。
年齢による肥大化現象なのですが、あまり大きくなると腸を圧迫し排便障害を起こしたり、おしっこも出にくくなることがあります。
ちなみに前立腺肥大は男性ホルモンのかかわりが強いため、去勢手術をおこなうことで予防・治療をおこなうことができます。

また、稀ですが前立腺ガンも見かけることがあります。

いずれにせよ、共通する症状として、尿が出にくい、ウンチが出にくいといった症状がございますので、こういった症状が見られる場合は元気や食欲に異常がなくても早めの受診をお勧めいたします。