FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
心臓腫瘍と胸水
2018年09月29日 (土) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



心臓病ということで治療をしていたが、経過が思わしくないということで来院されたわんちゃんです。




本人の状態や、病歴を聞いていると、どうも腑に落ちない点がいくつか・・・



一般的な心臓病にしては様子がおかしいな・・・と思いつつ詳しく調べると・・・



超音波検査で心臓に腫瘍が見つかりました。



20180927tah04.jpg



大動脈の付け根の当たりに3~4cmほどの大きさの腫瘍です。



20180927tah05.jpg



超音波検査だけでこの腫瘍を正確に診断することはできませんが、腫瘍の位置からすると「大動脈小体腫」の可能性が高いと考えられます。



「大動脈小体腫」は転移したりすることは稀ですが、徐々に大きくなり、心臓を圧迫することで心不全を引き起こします。



このワンちゃんも、腫瘍の圧迫による心臓循環不全から胸水の貯留が起きていました。



20180927tah02.jpg




胸に溜まった「胸水」は呼吸を圧迫するため、すぐに抜いてあげなければなりません。




20180927tah03.jpg




このタイプの腫瘍は、外科手術で摘出することは困難で、抗がん剤なども効果的ではないため、対症療法で症状を緩和してあげることしかできません。



こちらのワンちゃんでも、胸水を抜いて、病状に合わせた投薬に変更することしかできませんでしたが、それでもお薬が上手く効いているようで、当院に来院される前よりはだいぶ具合が良くなったようです。




町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院