町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
歯石クリーニング
2018年07月09日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院



いつもは重度の歯周病治療をご紹介することが多いのですが・・・



本日は一番基本的な歯科処置である歯石クリーニングのご紹介です。
※料金案内


20180709tah01.jpg



ワンちゃん・ネコちゃんの歯科処置は、原則、全身麻酔下での処置となります。


※無麻酔での歯科処置の危険性について:日本小動物歯科研究会
http://sa-dentalsociety.com/
http://sa-dentalsociety.com/news/dental%20scaling.pdf




麻酔をかけたら、まずは口腔内を詳しく観察して、麻酔前には見つけられなかったような歯周病などの異常がないか確認いたします。


写真からもわかる通り、前の方の歯に比べて奥歯の歯石が多いですね。


じつは、この部分には唾液腺の分泌口があるため、ワンちゃんのお口の中で最も歯石が付きやすい部分。



この部分はほっぺをめくらないと見えないので、飼い主様が前歯をみて「まだまだ綺麗ね!」なんて思っているうちに、どんどんと進行してしまっていたり・・・



この部分は歯槽膿漏も起こしやすいので入念にチェックです。



チェックが終わったら、超音波スケーラーで歯石クリーニングであります。


人間の歯医者さんでやる歯石クリーニングと全く同じです。


20180709tah02.jpg



麻酔をかけないと見ることもできないような奥の方や歯の裏側までしっかりと歯石を取り除いていきます。



歯石クリーニングで最も大切なのは、歯肉縁下とよばれる歯と歯茎の隙間の部分をしっかりとクリーニングすること。



この部分に入り込んだ歯石や歯垢が歯周病の一番の原因になります。




20180709tah05.jpg




しっかりと歯石を取り除いたら、研磨剤でツルツルに磨き上げます。




この程度の歯石の量であれば、麻酔処置の時間も含めて40~50分程度で終わります。



20180709tah06.jpg



歯の黄ばみやシミ汚れまで取り切れるわけではないので、「真っ白!!」というわけにはいきませんが・・・



かなり綺麗になりましたね!!



麻酔をかけての処置というと、皆さんご心配になるのは当然。


痛みを伴う処置になると麻酔も深くかけなければなりませんが、クリーニングだけなら最小限の麻酔で済みます。


うつらうつらと半分寝てるくらいの麻酔具合で、処置のために体の向きを変えようとすると、それだけで目が覚めかけるくらいの麻酔加減なんですよ。


重度の歯周病になってしまい、大きな負担をかけて治療をするよりは、軽い麻酔処置で済むうちに早め早めの歯石クリーニングを行うのが大切です。



20180220tah01.jpg




20180203tah01.jpg



こうなってしまってからでは、処置の時間もかかるし、麻酔も深くかけなければなりませんし、歯を何本も抜くことになるし、飼主様のお財布にも優しくありません。


町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院