FC2ブログ
町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
会陰ヘルニアの手術 キャバリア犬のケース
2018年05月14日 (月) | 編集 |
町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院


本日ご紹介するのは、会陰ヘルニアで手術を行ったキャバリア犬の症例です。

会陰ヘルニアについてはこちら

症例1

症例2-1

症例2-2



わかりやすく言えば「脱腸」です。



前述のリンク先でもご説明しておりますが、肛門周辺の筋肉が弱体化することで、骨盤内の腸を支えることができなくなり、脱腸を起こします。


20180511tah01.jpg
矢印部分が膨らんでいます。これが脱腸。肛門横の筋肉が弱体化することで、骨盤内の腸や膀胱が飛び出てしまっています。




20180511tah02.jpg
肛門左側にくらべて、右側が大きく膨らんでいます。このふくらみの内部は腸や膀胱です。



ヘルニアになると、排便や排尿にトラブルが出ます。


会陰ヘルニアを治療するには、弱体化した肛門周りの筋肉の代わりに、何らかの方法で腸や膀胱を支える「壁」をつくってやる必要があります。


いろんな術式が考案されていますが、どれも一長一短。


術後の再発率もたかく、わりと厄介な手術であります。



今回の症例は、心臓病を患っており、長時間の麻酔に不安があるため、最も手術時間が短くなる術式での手術となりました。



20180511tah03.jpg
ヘルニアの穴。本来は肛門周囲の筋肉でふさがってなければいけません。
肛門周囲の筋肉が男性ホルモンの影響や、加齢によって虚弱化し、このような空洞ができてしまいます。この空洞から、本来なら腹腔内にある腸や膀胱が肛門横に飛び出してしまうのです。




このヘルニア孔をなんとかして塞がなければならないのですが・・・



今回はシリコンプレートを使ってこの穴をふさぎます。



20180511tah04.jpg
白く見えてるのがシリコンプレート。



ヘルニア孔に埋め込んだシリコンプレートを丁寧に縫合していきます。



縫合が甘いと、プレートが外れてヘルニアが再発してしまいます。



20180511tah05.jpg




20180511tah06.jpg



術後の様子。



肛門右側のでっぱりがなくなっているのがわかりますね。



上述したように、この会陰ヘルニアは再発率の高い病気です。



今回のようにシリコンプレートで穴をふさいでも、シリコンを縫合した周辺組織もすでに弱体化しているので、その部分がまた引き裂けるようにしてシリコンプレートが外れてしまう可能性があります。



また、右側のヘルニアを治療しても、左側の筋組織もすでに弱体が進行している可能性が高く、そのうち左側にもヘルニアが発生する可能性があるのです。



この肛門周囲の筋肉の弱体化には男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。


実際に私も今まで経験した会陰ヘルニアの症例は、すべて、去勢手術をしていない雄犬だけですね。


町田市 相模原市 動物病院 谷口動物病院