町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
野生と歯周病
2018年01月30日 (火) | 編集 |
20160920tah02.jpg



このブログでもよくとりあげていますが、ペットのワンちゃん・猫ちゃんの多くで問題となる歯周病。


2~3歳以上のワンちゃん・猫ちゃんの実に80%がすでに歯周病に罹患していると言われています。


重度の歯周病では、炎症によって歯周組織が壊死・破壊され、歯根周辺の骨が溶けてしまうこともあります。



20160920tah08.jpg
口腔鼻腔ろう。重度の歯周病によって、犬歯歯根部周辺の組織が壊死。鼻の穴まで貫通した状態。




歯周病の原因は、歯肉周辺に蓄積した歯垢内に増殖する細菌です。


人間もそうですが、食後に歯を磨いて食べかすを除去しなければ、口腔内には歯垢がどんどんと蓄積し、歯周病が進行していってしまうのです。


野生の肉食動物では、獲物を噛み殺し、毛皮を噛み裂き、スジや骨をしゃぶりつくして食事をします。


そのため、歯の表面が適度に擦られるため、歯垢の蓄積は最小限となり、歯周病に罹患することは少ないとされています。


ペットのワンちゃん・猫ちゃんでは、缶詰やドライフードが主な食事となりますが、いずれも粉状の食べかすや、ベタベタとした糊状の食べかすが発生しやすく、そのため歯周病が非常に多くなっているのです。



ところで、昨年秋に病院をお休みさせていただいたときに、家族で道志の山奥にキャンプにいったのですが、キャンプ場の近くの木工所につながれていたワンちゃん(大型の雑種犬)の傍には、「鹿の死体」が無造作に転がっており、ワンちゃんが一生懸命かじっていました。


猟師さんがとってきたおこぼれにあずかっているのでしょうか?


一見すると何とも残酷な感じも致しますが、ワンちゃんの本来の性質から考えれば、最高の食事ですね。
(注:寄生虫感染などの問題がありますので、ペットのワンちゃん・猫ちゃんに推奨するものではありません。)


きっと、あのワンちゃんは歯周病で悩まされることもないのでしょう。

町田市 谷口動物病院