町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
心筋収縮不全と強心薬
2017年07月27日 (木) | 編集 |
先日、ある手術を控えて、術前検査をおこなった高齢犬です。


心電図、胸部レントゲンに気になる点があったため、超音波検査で心臓を詳しく調べたところ・・・


心筋の収縮不全が見つかりました。


20170711tah01.jpg
心臓の超音波検査。
左側の「FS:13.0%」という数値が心筋の収縮を示す数値です。正常犬のFSは35~45%くらい。
画面右側は実際に心臓が収縮する様子を経時的に表した画像です。
心筋が上下に収縮する様子が映っていますが、なんとなく弱々しい感じが伝わるでしょうか?




このような状態で手術をすることはできません。



手術は中止し、まずは強心薬での治療を開始し、経過を見ることになりました。



そして、強心薬を2週間投与して再検査。



20170711tah02.jpg



御覧のようにFSは正常値である36.6%に回復し、心臓が収縮する様子も明らかに力強くなっているのが分かります。



お薬の効果がはっきりとわかる検査結果ですね。



このような結果を見ると、超音波での心臓検査の重要性、そしてお薬をしっかりと飲むことの大切さがよくわかりますね。