町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
重度歯周病治療
2017年07月03日 (月) | 編集 |
歯科治療の様子です。


右上の奥歯に重度の歯周病を患っているワンちゃんです。


20170703tah01.jpg


一部歯石を取り除いたあとの写真ですが・・・


奥歯周辺の歯肉が重度の炎症を起こしています。


残念ながら、ここまで歯周病が進行してしまっては、抜歯をするしかありません。


この歯は、第4前臼歯といって、ワンちゃんの歯の中でもっとも大きくて、根っこが頑丈な歯です。


そのため、抜歯をするには歯肉の切開や、歯槽骨の切削が必要になります。

20170703tah02.jpg
歯肉を切開して歯槽骨(上顎の骨の一部)を露出。
この後、ドリルで周辺の骨を削ってから抜歯します。




20170703tah03.jpg
抜歯後の状態。



抜歯を終えたら、内部をよく洗浄し、周辺の歯肉を縫合して終了です。



20170703tah04.jpg



処置後は数日間鎮痛剤の投与を行いますが、翌日から元気にご飯も食べてくれます。


人間で親不知を抜いたりすると、1週間ほどは痛みに悩まされたりするものですが、ワンちゃんたちは結構平然とした顔をしています。