町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
膀胱炎の原因色々
2017年02月28日 (火) | 編集 |
季節はすでに春ですが・・・


今日は冬場に多い疾患の一つ、膀胱炎についてです。


寒くなってくると、飲水量が減りがちになるため、尿が濃縮し、尿石症や膀胱炎などのトラブルが起きやすくなると考えられています。



特に、猫ちゃんに多いのですが、血尿や頻尿(トイレに何度も行く)、場合によっては尿道閉塞を起こすこともあります。






膀胱炎の原因として多いのは・・・



まずは、細菌感染による膀胱炎。



20170228tah01.jpg
青い小さなツブツブが細菌。
中央の大きな細胞は「好中球」。炎症が起きたときに出現する細胞です。







細菌感染による膀胱炎は高齢のネコちゃんに多い傾向があります。



次に多いのが、「尿結晶」による膀胱炎。



尿中のミネラル分が結晶化し、その刺激によって膀胱炎が起こります。



結晶は時間が経つと大きくなっていき、肉眼で見えるような「結石」にまで成長することもあります。



20170228tah02.jpg
シュウ酸カルシウム結晶





20170228tah03.jpg
リン酸アンモニウムマグネシウム



尿結晶は原料となるミネラル分によっていくつかの種類がありますが、ワンちゃん・猫ちゃんで多いのはカルシウム系の結晶である「シュウ酸カルシウム」と、マグネシウム系の結晶である「リン酸アンモニウムマグネシウム」です。



「リン酸アンモニウムマグネシウム」は「ストラバイト」という名前で呼ばれることが多いですね。



いずれの原因による膀胱炎でも、症状は共通です。


初めに述べたような血尿や頻尿、もしくは排尿中の痛み、気張っても尿がポタポタとしか出ない・・・といった症状です。


オス猫はペニス先端の尿道が狭くなっているため、単純な膀胱炎から尿道閉塞を起こすことも珍しくなく、放置すると命にかかわることもあります。



上記のような症状がみられた際には、元気・食欲に問題が無くても、なるべく早めに動物病院を受診されることをお勧めいたします。