町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本日のわんにゃんドックと歯石クリーニング
2016年11月24日 (木) | 編集 |
本日ご紹介するのは、トイプードルのコロンちゃん 



今月で5歳になったばかりの男の子です 



20161124tah01.jpg




とってもフレンドリーで、病院に来るのが大好きなコロンちゃんなのですが・・・



余りにテンションあがりすぎて、血圧測定が上手くいかないという問題が・・・ 




さて、今回のコロンちゃんのわんにゃんドックですが・・・


今回は健康診断としてだけではなく、歯石クリーニング前の麻酔検査も兼ねていました。



自分で歯磨きをすることのできないワンちゃん、猫ちゃんでは5歳にもなると、このように全体に歯石が付着してしまいます。



ペットとして飼育されている3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんの80%が歯周病であるといわれております。



20161124tah02.jpg
コロンちゃんの歯の状態


幸い、コロンちゃんの場合はそれほど歯周病は進行していませんでしたが、このまま1~2年も放置しているといずれ歯周病は進行していきます。



重度に進行した歯周病を完全に治すことはできません。




20160920tah02.jpg
重度の歯周病症例




ここまで進行してしまうとお手上げです。




早い段階で歯石をクリーニングし、歯周病の進行を予防することが大切です。




20161124tah03.jpg
コロンちゃんの処置中のお口の様子



一時間程度の処置で、お口の中全体がこんなにピカピカになります 




ワンちゃん・猫ちゃんの歯科処置では、原則として全身麻酔下での処置になります。



全身麻酔と聞くと皆さんご心配なさると思いますが・・・


軽度の歯石クリーニングであれば、麻酔時間も最小限ですし、麻酔の使用量も避妊手術等の痛みを伴う処置に比べて少なく済みますので、それほど危険性はありません
(もちろん、十分に麻酔前検査で状態を把握し、麻酔中も細心の注意を怠ることはありません)



ですが、歯周病が進行してしまうと、抜歯処置などで3時間以上の麻酔時間になることも珍しくありません。



痛みを伴う処置になるので麻酔の使用量も増えてしまい、危険性も格段に上がってしまいます。



そんなことにならないよう、早い段階での歯石クリーニングがとても大切になるのです 




当院では、皆様の大切な御愛犬・御愛猫の健康管理の一助として、定期的な健康診断「わんにゃんドック」と、歯周病予防としての「歯石クリーニング」をお勧めしております!!