町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
歯謬病でこんなことになるの?? 2
2016年08月26日 (金) | 編集 |
さて、先日の続きです。



歯周病が原因と思われる、下顎皮膚壊死の猫ちゃんであります。


20160819tah02.jpg


ある日、アゴの下の皮膚から大量出血があった猫ちゃん。


歯周病からの重度感染症と仮診断したものの、確定するには麻酔下での歯科検診・歯科処置が必要になります。


とはいえ、まずは皮膚の治療が優先される状態でしたから、一カ月ほどは皮膚治療の方に専念しておりました。


そうして、約一カ月・・・



皮膚の状態も何とか落ち着いたので、いよいよ麻酔下での歯科処置となりました。


20160826tah01.jpg
アゴ下に炎症の名残で汚れが残っていますが、奇麗に治りました。




さて、麻酔をかけて歯の状態を見ていくと・・・



20160819tah03.jpg



右下の犬歯の根元に病変を見つけました。



歯の根元に穴が開いています。



これは、「破歯細胞性吸収病巣」と呼ばれる、猫ちゃん特有の疾患です。


「破歯細胞」というのは、本来は乳歯が生え変わるときに働く細胞なのですが、どういうわけか、この細胞が永久歯にまで働きかけ、永久歯を溶かしてしまうのです。



この部分から歯根部に感染症を起こした結果、今回のような重度の化膿病変が形成されたようです。



20160819tah04.jpg
歯肉を切開し、歯根部を露出。歯根部周辺の組織が壊死してしまっています。




この歯は抜歯治療となりました。



今回の症例は高齢のネコちゃんで、治療も歯肉の切開や下顎の一部を削るなど長時間にわたる処置でしたので、術後の回復に若干不安があったのですが・・・



お口の痛みから解放されたからか、ずいぶんと調子よく過ごしているようで、術創の回復具合も順調のようでした。