町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
熱中症
2016年08月06日 (土) | 編集 |
本日、午前の診療が終わる頃に一本の電話が・・・



「お隣のワンちゃんが熱中症みたいなんだけど、どうしたらいいですか??」



とのこと。



どうやら、外で飼育されている隣家のワンちゃん(大型犬)のリードが絡まってしまったか何かで、日陰に避難することができず、炎天下で熱中症になっているようでした。



すぐに涼しいところに移動して、水を与えていただくように指示させていただくとともに、飼主様と相談して病院へ行っていただくようにお話ししたのですが・・・



隣家の飼主様は不在で、連絡も取れないとのこと。さらに、ワンちゃんが大きくて移動させることもできない、



そうこうしているうちに



「あ、呼吸がとまっちゃったかも!」



とのこと。



我々としては飼主様不在のお宅に勝手にお邪魔するわけにもいきませんし、本来であれば勝手に治療することもできません。




そこで、早急に警察に相談し、保護をお願するようにお話ししたのですが・・・



その後、特に御連絡はないので、どうなったかは解りませんが・・・ちょっと、状況としては厳しいかな・・・と。




炎天下の熱中症が危険なのは、人間もワンちゃんも一緒です。



今回の事例は屋外でしたが、室内でもクーラーのつけ忘れでの熱中症など飼主様不在時の事故や・・・



過去には飼主様がお掃除をする間、ワンちゃんをベランダに1時間ほど出していたらその間に熱中症になってしまった症例もございます。



老齢犬、長毛の大型犬、ブルドック系の短頭種は熱中症をおこしやすいので特に注意が必要です。



皆様、どうぞご注意くださいませ。