町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
テフロン中毒??
2016年07月30日 (土) | 編集 |
私も最近はじめて知って驚いたのですが・・・




「テフロン中毒」があるそうです。



フライパンなどのくっつきを防止するための加工で、テフロン加工、フッ素加工などと呼ばれていますね。



このテフロンは、本来は熱に強い物質なのですが、加熱しすぎるとガスを発生させるそうです。



400度を超えるような高温になると熱分解されガスが発生するそうなのですが・・・



ある実験では、カセットコンロでテフロン加工されたフライパンを5分間熱しただけで375度に達したそうなので、日常的な使用でもうっかり火にかけたまま放置すると危険だということです。



テフロンが加熱された際に発生するガスは、人で呼吸困難、めまい、吐き気、頭痛、眠気を起こすことが分かっているそうです。
死亡例もあるそうで、恐ろしいことです。



このガスは色もなく、臭いもない為、知らず知らずのうちにガスを吸って体調を崩している方も多くいるようです。




動物医療でも中毒の報告が出ているようです。


特に鳥類はガス毒類に対して感受性が高い為、死亡例も多いようです。


中には、養鶏場でヒヨコが大量死するので調べてみたら、保温に使う電球にテフロンがコーティングされていたという報告もあるそうです。



国内でも、飼主様がテフロン加工されたフライパンを火にかけたまま外出し、翌朝帰宅したらワンちゃんの具合が悪くなっており、その後、残念ながら回復することなく亡くなってしまった事故があったそうです。




病理検査を行った獣医師の報告によると、肺組織に酷い損傷が起きていたそうです。



もちろん、これらの事故はテフロン加工された製品を加熱しすぎたために発生したものであるため、テフロン加工された調理器具が即危険と言うわけではありませんが・・・



ただ、うっかりフライパンを火にかけたまま・・・という失敗はどの御家庭にもあり得ることですので、注意が必要ですね!