町田市 谷口動物病院 犬猫専門の病院です
仔猫のお世話
2016年06月06日 (月) | 編集 |
年に何度かは、生後2~3日といった状態の子猫ちゃんの治療を行うことがあります。



だいたいは、野良ネコの赤ちゃんで、保護された方がどうやって面倒を見ればよいかわからずにつれていらっしゃるわけですが・・・



生後数日の仔猫が哺乳瓶から上手にミルクを飲むことはなかなかできませんので、ある程度体力がついて人工哺乳に慣れるまでは付きっきりで看護してあげる必要があります。



20160606tah01.jpg
おトイレのお世話。
寝起きやミルクを上げる前に、ティッシュ等で母猫が舐めてあげるような感覚で刺激してあげます。





ミルクは4~6時間程度の間隔で与えます。



20160606tah02.jpg



保護された子猫ちゃんは、軽い脱水症状であることが多く、初めから哺乳瓶でしっかりと飲めることはほとんどありません。



初めのうちはカテーテルを食道に通して強制的にミルクを与えます。




20160606tah03.jpg




2~3日して体力がついてくれば、少しずつ哺乳瓶でミルクを飲めるようになりますが、それでも4時間ごとにミルクを上げなければいけない状態は当分続くのでなかなか大変であります。



まあ、日に日に成長する姿はとても可愛らしくて、そんな苦労も和らぐのですがね。